ドキドキの体験

6月24日は、小学2年生のビッグビーバーたちにとって記念すべき一日となりました。

いつものように教会にやってきたスカウトたちですが、毎月発行される「ビーバーつうしん」をちゃんと読んでいたとみえて、いつも以上に「今日はどんなことをするのかな?」が知りたい様子。
ビーバー隊はかるたづくりをするのだけど、ビッグビーバーはどうやらその時間はカブ隊に入って体験をするらしい。
あの紺色の制服の先輩たちはちょっと大きいし、元気いっぱいだし、どうしていいのかわかんない。

え?頼りにしている隊長は、ぼくたちといっしょに行かないの!?
それを知った時の2人の顔といったら…!
背筋がピンとまっすぐになってしまい、全身緊張。
「大丈夫!隊長はすぐそばにいるから」といいながら、2人の気持ちをほぐすのに一生懸命の隊長…!
一年経たない間に、こんなに強いきずなが生まれていたんだね。

去年隊長だったリーダーの顔も見えたし、もちろん2人ともカブ隊の隊長にもまた組の仲間にもすっかり溶け込んで、カブ隊のなかまたちの大きな声援を背に、最後には帽子取りで対決までできました。
カブ隊でのセレモニーが終わって、やっとやっとビーバー隊に戻ってきたときの2人は、ちょっと誇らしそうで、それでも緊張を完全にほどくように口にはできないいろんな思いを「隊長の靴をける」とか「隊長にまとわりつく」で発散していました。かわいいね。

初めの一歩は本当にドキドキ。
どんなことをするのか、どんな雰囲気なのかがわからなければ、不安になるのは当たり前。
だけど、ちょっと頑張って飛び込んでみればどうってことないや!と思える素敵な体験でもありました。

家に帰って「ぼくは、カブ隊に行くよ」と宣言したとママから聞いて、リーダーたちは大喜び。
ビーバーで終わってしまうなんて、本当にもったいない。
カブ隊で、もっともっとたくさんの「びっくり!」「おもしろい!」「知らなかった!」を体験してもらいたいな。

さて、明日の1日。
今度はカブ隊の5年生くまスカウト達が、ボーイ隊体験をします。
制服がもうぱっつんぱっつんになってしまうほど成長してきた彼らも、ボーイ隊の中に入れば一番下っ端。
先輩たちと一緒に野外料理を作りながら、カブ隊ではできなかったあんなこと、知らなかったこんなことをたくさん味わう時間になるといいな。
初めてのことに緊張しても、そこを超えて新しい世界にチャレンジしていこう。
きみたちには可能性がたくさんあるのだから。

お掃除にいきたい

6月10日はカトリック成城教会の大掃除の日。

5月から14団を見学体験中で年長さんのけいちゃんは「どうしてもお掃除に行きたい」と、霧雨が降る中にこにこの笑顔でママと一緒に教会に来てくれました。
あいさつも、自分のこともちゃんとできるけいちゃんは、お家でもお掃除が大好きなのかな?
「うーん、どうしてなんでしょう?おもちゃを片づけてくれるといいのにといつも思っているので」とママ。
この日はビーバースカウトはお家の用事などで一人も参加できずじまい。リーダーたちはちょっと寂しかったのですが、けいちゃんのおかげですっかり元気なにこにこ顔です。
けいちゃんを中心に「大きな輪」を作って、早速花壇のまわりの草取りを始めました。

普段は見過ごしているものが、しゃがんで地面をながめると急に見えてくるのは本当に不思議。
こんなに雑草が生えていたんだ、おお、ダンゴムシが見つかった、枯葉がずいぶんたまっているなどなどおしゃべりをしながら、前日のように気温が上がることもない天候もありがたく、1時間があっという間にすぎていきました。
7月に予定しているカブ隊との合同川遊びの下見に早朝から出かけていて、ほんの少し遅れてやってきた隊長も一番にけいちゃんのところにやってきて「おはよう!よくきてくれたね!」と実にうれしそう。

ちっちゃくても、そこにいるだけで周りの人たちを幸せな気持ちにできるのは素敵です。
ボーイスカウトは、これからの成長の間に人と関わる力や自分を高める気持ち、周りの人も自分もたいせつに、明るく前向きにチャレンジして生きていく勇気を大きく伸ばしていく場所。
ゆっくりゆっくり時間はかかるけれど、どのお子さんにも幸せで心豊かな人生を送ってもらえるといいな。
心を育てるボーイスカウトを、どうぞあなたのものに。

けいちゃん、また来てね!

上から読んでも下から読んでも 

5月13日(日)13時から15時まで、カトリック成城教会で今年もボーイスカウトとガールスカウトの一日体験日「スカウトフェスタ」をおこないます。

ボーイスカウトもガールスカウトも、とってもよさそうな活動をしているみたい…となんとなく知っているけれど、本当のところはどうなのかな?どんな人がいて、どんな活動をして、それからどういうふうに子どもたちが成長していくのかな?と思っていらっしゃる方にはもってこいの一日です。

今年のテーマは「新聞紙」
ボーイスカウトもガールスカウトも、手元にあるもので楽しく過ごせるように工夫をするのが得意です。
新聞紙を使って、こんなにおもしろいことができちゃう!
しかもみんなで協力して、わくわくのゲームになっちゃう!
5歳以上のお子さんと一緒に遊ぼうと、ボーイスカウトもガールスカウトもとっても楽しみにしていますよ。

もちろんスカウトフェスタの前にも体験・見学ができますし、その前に保護者の方への説明も対応しています。
気になるな…と思われたら、どうぞお問い合わせを。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

今年もスカウトフェスタに 遊びに来てね!

いつもは4月下旬に開催しているスカウトフェスタ~ボーイスカウト・ガールスカウトの一日体験~ですが、今年の開催はゴールデンウイーク後の5月13日です。
5歳以上のお子さんなら男の子も女の子も、ぜひ遊びに来てくださいね。

「うえからよんでも したからよんでも しんぶんし」が今年のテーマ。
読み終わるとちょっとよれよれになって、最後にはゴミとなってしまう新聞紙ですが、ボーイスカウト・ガールスカウトの手にかかると立派なゲームのツールとしていきいき輝いちゃいます。
キャンプには絶対に欠かせない、スカウトの強い味方でもある新聞紙を使って、一緒に遊びましょう。

地域での社会体験は、自ら求めないとなかなか手に入れられない貴重なもの。
子ども時代に身につけた社会性は、大人になってからとても役に立ちます。
ボーイスカウトもガールスカウトも、一人ひとりがのびのび巣立つ素晴らしい活動です。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

 

モグラ先輩に会ってきました!

18日は、多摩動物公園にでかけ、ビーバー隊のみんなの好きな動物めぐりをしてきました。
隊長からの指令の通り、広い園内をたくさん歩きましたよ。

見学に来てくれた2家族も一緒に、チンパンジーがロープからうっかり落ちたシーンや、キリン観察中にみつけた思いがけず長い舌にびっくり!
わしが優雅にはばたく姿や、オランウータンの激しい動きに目を奪われながらも、11時近くなるとエネルギーが切れてきたのでちょっと休憩してアメを一つ。これでまた元気回復です。

ビーバースカウトたちはみんな違う学校や幼稚園に通っていることもあり、ゆっくりお互いを観察していたところがあったのだけど、この日はなんだかとっても楽しくなっちゃってたくさんおしゃべりを始めていて、リーダーたちはみんなとってもうれしそうでした。

アップダウンもあって、午後からはちょっとペースも落ち気味。
それでも、やっぱりモグラ先輩に会いに行かなくっちゃ!
疲れた…を連発していたスカウトたちでしたが、モグラの家に住むモグラ先輩語録を読んだりモグラの穴をたどったり、すっかり先輩の大ファンとなりました。
もちろん、一番喜んでいたのは隊長でした。

 

 

モグラ先輩に会いに行こう!

3月4日のビーバー隊の活動中。

「みんなの好きな動物はなに?」
隊長の質問に、スカウトたちは目をキラッキラさせて「キリン!」「ぼくもキリン!」「オオカミ!」
見学に来ていた年長くんは「ぼくはね、タカが好きだよ!」とのこと。
今度の活動日は、多摩動物公園にハイキング。
みんなの好きな動物めぐりをすることにしていたので、年長くんと一緒に来てくれたお父さん(パンダが好き)とお姉ちゃん(犬が好き)とのみんなで『キリンが好きな〇〇くんのおとなりの、パンダが好きな〇〇です』の自己紹介ゲームを始めました。

ところが、スカウトの間にすわっているリーダーたちときたら口をそろえて
「えっと、もぐらが好きです。」
「実は、もぐらが好きです。」
「はい、ぼくももぐらが好きです。」
えー!!また、もぐら?なんでもぐらばっかり好きなんだ!?
スカウトたちはキツネにつままれたような顔をしているけれど、リーダーたちは大まじめ。

だってね、もぐらの家に住む「モグラ先輩」は手厳しい言葉を使うものの、もぐらの生態について詳しく教えてくれる偉大な存在だから。
動物園に下見に行った時すっかり隊長のツボにはまってしまったモグラ先輩は、あっという間にすべてのリーダーにも伝染してしまったというわけ。

図鑑やテレビで見るよりずっと大きくて迫力満点のお気に入りの動物たちと、そしてもちろんモグラ先輩とに会いに行こう!
お天気になりますように☆☆

制服のリメイク

保護者の方がビーバーの制服をリメイクされました。とっても素敵です。
お子さんの思い出がたくさんつまった制服をしまっておくのはもったいない。こうして見える形にするのはすごくいいものだと思います。

いやーすてきで、ほれぼれしてしまいますね。

キャップまでリメイクされています。

 

なんだか 楽しいぞ

一つ上のビッグビーバーたちがカブ隊に上進してしまって、今日来ているスカウトは二人みたい。
あれあれ?よく知らないリーダーがたくさん集まってきた。
みんなはぼくのことを知っているみたいだけど、ぼくは誰だかわからないな。

いつもの三丁目緑地まで歩いていってから、新しい隊長が「じゃあ、ここで自己紹介ゲームをします。」といって、みんなで大きな輪になってすわった。
一番初めにけいちゃんが隊長に教わりながら「ぼくは、そぼろが好きなけいちゃんです。」
隣りにすわっているぼくは、「そぼろが好きなけいちゃんのお隣りの」って言うんだって。
え?好きなものも言うの?
うーん、なんだろな。
「そぼろが好きなけいちゃんのお隣りの、メロンが好きなさーくんです。」 
できた!

今度は、見学に来ているこうくんが「そぼろが好きなけいちゃんのお隣りの、メロンが好きなさーくんのお隣りの、ブドウが好きなこうくんです。」 
すごいや、ちゃんと前の二人のことをおぼえていた!

でも、それから続くリーダーはもっと大変だったよ。
また「そぼろが好きな…」から始まって、何人も「お隣りの」を言うんだもの。
ハンバーグとか大福とかお好み焼きとかビールとか、もういろんなものが出てきて、誰がどれを好きなのかはこんがらがって来ちゃったけど、リーダーがまちがえないように一生懸命思い出している顔っておもしろい!
知らない人が、いつの間にか楽しい人になっちゃった。

その後の隊長の「早く大きな輪を作ろうゲーム」も「じゃんけんで負けたらごめんなさいゲーム」も、リーダーの「誰が持っているんだ?ゲーム」も、すごーく楽しかったよ。
「おめでとう ビーバー!」もみんなで大きな声で言えたし、「ありがとう ビーバー!」を言う時はとってもうれしかった。

15日はプラネタリウムに行くんだ。こんどは他のみんなも来られるといいな。

次のステップへ

毎回の活動を楽しんでいる時にはあまり気にならないのだけど…
節目の年には、ちょっと先の自分の未来を考えるチャンスが巡ってくるのもボーイスカウトの素敵なところです。

「小さいビーバースカウト」と言われることも手をつないで大きな輪を作ることにもちょっと抵抗を感じられる頃、カブ隊体験プログラムは小学校2年生のビッグビーバーにとってはびっくりの連続です。
久しぶりに会う先輩たちはすっかりカブスカウトになりきっていて、自分の知らない集合の仕方やリーダーや組長からの指示を聞いている姿はなんだかちょっと眩しい感じ。
帽子取りとかじゃんけんゲームなど、組対抗で競い合うゲームはとっても楽しいし、何より5年生のスカウトが前に立ってリーダーシップをとる様子にすっかり憧れてしまいます。
今年のビッグビーバーたちも、6月25日にカブ隊のアクティブな雰囲気にすっかりとりこになってしまったようです。

一方、カブ隊の最高学年くまスカウトは「もう、ホントやんちゃな後輩たちをまとめるのは大変だよ」という悩みも持ち始めています。
カブ隊に上進した時は全てが珍しく、楽しくわくわくしてきた活動のあれこれがどこか子どもっぽく感じられ、「もっと大人っぽいことがしてみたい」という気持ちもわいてくるころです。
7月2日のボーイ隊体験に参加してみると、自分が一番小さくて、見上げるような中学3年生のお兄さんが(しかも声変わりもしているし!)くだけた様子で近づいてきてぱっぱと指示を出していくことに軽いカルチャーショック。
去年まで一緒にカブ隊で仲よくしていた先輩たちは、そんなことは当たり前といったふうにてきぱき動くのを見てさらに圧倒される思いです。
教会の中庭で火をおこし、昼食を作って食べることがこんなに手間がかかって大変なこと、なにやら男っぽくてかっこいい雰囲気を目の当たりにして、自分もここでみんなと一緒に頑張ってみたい!という気持ちになったそうです。

ボーイ隊をまとめている班長クラスは中学3年生で、受験組もいれば一貫校で部活にまい進しているスカウトもいるので、それぞれの都合に合わせ、ベンチャー隊リーダーとの面談がこれからおこなわれるはずです。
これまで見つめてきた自分や周りのことをもう少し深く考えたり、持っている夢や生き方を具体化できるよう先輩やリーダーと話し合ったり、その足掛かりになるような活動を企画してみたりと、何かを始めれば必ず得られるものがある、ゆるやかだけど一番楽しいベンチャー隊の一員となるのも、すでに一人ひとりに合わせて行われていきます。
進んだ学校や選んだ道によって、それぞれに体験するものが大きく変わっていくこの年代では、お互いの体験を分かち合えるのが素晴らしいところ。人として、どう生きていくかを考得ていくきっかけを、いくらでも作ることができます。

小さなスカウトが少しずつ成長し、できること、知っていることが増えていく姿は本当に感動的です。
よい仲間に恵まれると同時に、自分自身もやくそくときまり、やくそくとさだめ、そしてちかいとおきてを胸に、周りにとってよい仲間でいられますように。
それぞれの家庭で、学校で、そして地域であたたかく育まれていけますように。