活動ブログ

日々成長するスカウトたちのようすを中心にご紹介するブログです。

活動ブログ一覧

ドキドキの体験

6月24日は、小学2年生のビッグビーバーたちにとって記念すべき一日となりました。

いつものように教会にやってきたスカウトたちですが、毎月発行される「ビーバーつうしん」をちゃんと読んでいたとみえて、いつも以上に「今日はどんなことをするのかな?」が知りたい様子。
ビーバー隊はかるたづくりをするのだけど、ビッグビーバーはどうやらその時間はカブ隊に入って体験をするらしい。
あの紺色の制服の先輩たちはちょっと大きいし、元気いっぱいだし、どうしていいのかわかんない。

え?頼りにしている隊長は、ぼくたちといっしょに行かないの!?
それを知った時の2人の顔といったら…!
背筋がピンとまっすぐになってしまい、全身緊張。
「大丈夫!隊長はすぐそばにいるから」といいながら、2人の気持ちをほぐすのに一生懸命の隊長…!
一年経たない間に、こんなに強いきずなが生まれていたんだね。

去年隊長だったリーダーの顔も見えたし、もちろん2人ともカブ隊の隊長にもまた組の仲間にもすっかり溶け込んで、カブ隊のなかまたちの大きな声援を背に、最後には帽子取りで対決までできました。
カブ隊でのセレモニーが終わって、やっとやっとビーバー隊に戻ってきたときの2人は、ちょっと誇らしそうで、それでも緊張を完全にほどくように口にはできないいろんな思いを「隊長の靴をける」とか「隊長にまとわりつく」で発散していました。かわいいね。

初めの一歩は本当にドキドキ。
どんなことをするのか、どんな雰囲気なのかがわからなければ、不安になるのは当たり前。
だけど、ちょっと頑張って飛び込んでみればどうってことないや!と思える素敵な体験でもありました。

家に帰って「ぼくは、カブ隊に行くよ」と宣言したとママから聞いて、リーダーたちは大喜び。
ビーバーで終わってしまうなんて、本当にもったいない。
カブ隊で、もっともっとたくさんの「びっくり!」「おもしろい!」「知らなかった!」を体験してもらいたいな。

さて、明日の1日。
今度はカブ隊の5年生くまスカウト達が、ボーイ隊体験をします。
制服がもうぱっつんぱっつんになってしまうほど成長してきた彼らも、ボーイ隊の中に入れば一番下っ端。
先輩たちと一緒に野外料理を作りながら、カブ隊ではできなかったあんなこと、知らなかったこんなことをたくさん味わう時間になるといいな。
初めてのことに緊張しても、そこを超えて新しい世界にチャレンジしていこう。
きみたちには可能性がたくさんあるのだから。

お掃除にいきたい

6月10日はカトリック成城教会の大掃除の日。

5月から14団を見学体験中で年長さんのけいちゃんは「どうしてもお掃除に行きたい」と、霧雨が降る中にこにこの笑顔でママと一緒に教会に来てくれました。
あいさつも、自分のこともちゃんとできるけいちゃんは、お家でもお掃除が大好きなのかな?
「うーん、どうしてなんでしょう?おもちゃを片づけてくれるといいのにといつも思っているので」とママ。
この日はビーバースカウトはお家の用事などで一人も参加できずじまい。リーダーたちはちょっと寂しかったのですが、けいちゃんのおかげですっかり元気なにこにこ顔です。
けいちゃんを中心に「大きな輪」を作って、早速花壇のまわりの草取りを始めました。

普段は見過ごしているものが、しゃがんで地面をながめると急に見えてくるのは本当に不思議。
こんなに雑草が生えていたんだ、おお、ダンゴムシが見つかった、枯葉がずいぶんたまっているなどなどおしゃべりをしながら、前日のように気温が上がることもない天候もありがたく、1時間があっという間にすぎていきました。
7月に予定しているカブ隊との合同川遊びの下見に早朝から出かけていて、ほんの少し遅れてやってきた隊長も一番にけいちゃんのところにやってきて「おはよう!よくきてくれたね!」と実にうれしそう。

ちっちゃくても、そこにいるだけで周りの人たちを幸せな気持ちにできるのは素敵です。
ボーイスカウトは、これからの成長の間に人と関わる力や自分を高める気持ち、周りの人も自分もたいせつに、明るく前向きにチャレンジして生きていく勇気を大きく伸ばしていく場所。
ゆっくりゆっくり時間はかかるけれど、どのお子さんにも幸せで心豊かな人生を送ってもらえるといいな。
心を育てるボーイスカウトを、どうぞあなたのものに。

けいちゃん、また来てね!

さっぱりときれいになりました

6月と11月の2回、成城教会に集う全員で教会の大掃除をすることになりました。

今日はその初めての日。
梅雨入りもしたし、台風5号が近づいてきていることもあって朝から霧雨がちらちら落ちてきている中、14団スカウトもたくさん集まって中庭の草取りを担当してきました。
聖堂の中の大掃除は力仕事なので、男性リーダーやお父さん、もちろんボーイ隊スカウトも何度も往復しては重たいものを運んでいて、カブ隊とビーバー隊はガールスカウトと並んでいつもは何気なく見過ごしてしまうたくさんの草や落ち葉を拾い集めました。
今日が素敵だったのは、カブ隊保護者の方が大勢集まってくださったこと。
たくさんの手際のよい手にかかると、あれよあれよの間に雑草もなくなってさっぱりときれいな中庭に生まれ変わりました。

神父さまはそれはそれはうれしそうに一人ひとりにねぎらいの言葉をかけてくださっていて、成城教会に集う信者だけでなく、ボーイスカウト・ガールスカウト・教会学校とが力を合わせて一つのことに取り組む姿をとても喜んでくださっていました。
掃除と聞いて、初めは(ちょっと面倒だな)と思っても、身体を動かしながら近くにいた人と言葉を交わしたり、ゴミの山とすっかりきれいになった様子をながめて、スカウトたちもリーダーも達成感いっぱい。

こんな素敵な体験ができたことに、ありがとう!!

2018/06/10 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

楽しかったね!ありがとう

雨がやってきそうな気配だったので、スカウトフェスタは信徒会館内でにぎやかに行ないました。
男の子も女の子も、年長さんから小学校4年生までのお子さんが15人以上集まってくれて、スカウトたちと一緒に「上から読んでも 下から読んでも しんぶんし」のテーマでのフェスタがスタート!

まずは男の子4班、女の子3班が一斉に新聞紙でかぶとを折りました。
「あ!知ってる知ってる」と、簡単にできあがるイメージを描いたものの…あれ?あれあれ??縦に折るんだっけ?斜めだった?

いちばん早くできあがったのは、やっぱりガールスカウトのジュニアチーム。
指令書にある順番に、信徒会館内に設けられたチェックポイントを回っていきます。
新聞紙を丸めて作ったボールを投げ入れる「新聞紙入れ」も、新聞紙を折りたたんで道を作り、そこを歩いて全員が移動していく「新聞紙渡り」も大喜び。
でも、なんといってもこの日の一番人気は、ぴんと張った新聞に突入して破っていく「新聞紙破り」でした。
順番に並んで待つ子どもたちの顔はもう、わくわく。
そして、いよいよ自分の順番がやってきたときは楽しみとドキドキのクライマックスです。
あっという間に終わってしまう、実に単純なゲームなのだけど、仲間のみんなからの声援を受けて突破しては見せる笑顔に、その場にいる誰もが大きな拍手を送りました。

ボーイスカウトのすばらしさは、楽しいゲームがいっぱいなだけでなく、一緒にいる仲間たちとふれあって感じるたくさんの気持ち…うれしい、楽しい、誇らしい、頑張ろう、緊張する…などなどを味わうことです。それらはいつしか自信や友達も自分もたいせつな存在と感じる感性、もっとチャレンジしてみたいという意欲などにつながっていきます。
普段の活動の中にもこうしたエッセンスが盛り込まれていて、少しずつ一人ひとりの心を育てていきます。

ボーイスカウトと出会ったみなさん。
ぜひもう一度、その隊の活動に参加してみてくださいね。
お問い合わせはこのホームページから、お気軽にどうぞ。

2018/05/20 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

13日はスカウトフェスタ 遊びにきてね!

カトリック成城教会のボーイスカウト・ガールスカウトと地域の子どもたちとが一緒に遊ぶスカウトフェスタが、いよいよ近づいてきました。
男の子も女の子も「遊びに行くよ!」と答えてくださった方がいて、それはもうリーダーたちは張り切っていますよ。

みんなで一緒に遊ぶと楽しいな!をたくさん感じてもらえるように、ガールスカウトとの合同フェスタミーティングにも熱が入りました。
タイムテーブルや場所を確認するだけでなく、予定している「新聞紙渡り」や「新聞紙破り(突破から改名)」の実演もしたりね。

下見もそうですが、なんといってもまずはリーダーが体験してみて活動を決めていくのはボーイスカウトの基本です。
ビーバー隊の橋本隊長は、実はこの日の活動でスカウトと一緒に新聞渡りを試してみたとのこと。
地面に置いた新聞紙は、天候によっては風で飛んでしまうことと、スカウトたちはゲームにはいつも真剣そのものだと発見したことを報告してくれました。
スカウトになりきってチャレンジしてみると、やっぱりデモンストレーションがあった方がいいよねとか、新聞紙破りでは突破は一枚では物足りない、でも先が見えなくてちょっと怖い、もう一つゲームがあった方がもっと楽しいなどなど、わかったことがいっぱいありました。

当日も予定より早く集まって中庭で実演してみることに。
スカウトも遊びに来てくれる子どもたちも、大喜びまちがいなしですよ!
まだまだ間に合うので、ぜひ13日の午後は成城教会に遊びに来てね☆☆

2018/05/08 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

ダーツの旅 ~上北沢から寺町 2組の旅~

今年のカブ隊では「ダーツの旅」が大きなテーマの一つ。
テレビ番組からヒントを得て、まずはダーツを投げてどこに行くかを決め、それからその場所のことを下調べをし、実際に出かけた先では写真を撮ったりメモを取ったり、カブスカウトならではの視点での記録をとり、そしてA4ファイルに報告書を作るという、一連の流れとなっています。

4月15日に上北沢に行くことが決まった2組は、組集会でお寺がたくさん集まっている寺町を発見。
ちょうどカブ隊を体験に来ていた新しい友達も一緒に、五月晴れの5月6日意気揚々と出発していきました。
自分たちで決めて調べて出かけていくので、
「今日はどこに行くのかな?そして何をするのかな?」
なんて、のんきな気持ちのスカウトは誰もいません。
それでも、寺町の中のりっぱな池にひしめくカメたちにびっくりし、大きなウシガエルがゲコゲコ鳴いている姿にもビックリ。
読んで知っていることと、実際にそこに行って感じることは全然違うのですね。

芦花公園まで回って戻ってきたスカウトたちは、ちょっとヘロヘロ。
隊長に聞くと11㎞以上は歩いたのだそう。すごいね!よくがんばってきたね。
「もう、ずっと歩いていて本当に疲れたよ!」
という口元は、ちょっと得意そうににっこりしていました。

さて、来週は楽しみな報告書作り。
どんなファイルが仕上がるか、みんなで楽しみに待っていますよ。

競争心から生まれるもの

4月28日(土)~30日(祝月)に八王子のひよどり山キャンプ場で行われた、第17回日本スカウトジャンボリー事前キャンプでのこと。

14団ベンチャースカウト2名、ボーイ隊スカウト4名は、世田谷10団・19団・23団・24団との合同隊・班編成で、10団榊原隊長の率いる派遣隊第2隊での参加となります。
普段14団ボーイ隊は2班編成で活動中ですが、今回のジャンボリーからベンチャースカウトも派遣隊に所属するため班内の年齢層が厚く、またそれが4つもある大きな隊とあっては、自然とお互いの様子が目に入ってくる環境。
しかも一つの班に与えられる空間は必要最低限の広さで、隣同士が隙間なくくっついているとあっては、
「あ、やばい、ちょっと遅れているかも!」とか
「よし、今回はどこよりも早く火がついたぞ!」とか、
「今のうちにこれをすませておこう」などなど、あちこちから声が聞こえてきてしまいます。
普段の14団でももちろん自分たちのくんだタイムスケジュールに合わせて、手早くすべてを行おうと頑張ってはいるのですが、ちょっと残念なのがおっとりしているところ。
そんな足りない競争心が刺激されてか、一緒に過ごしたスカウトたちがそれぞれにきびきびと食事の準備をし、回を追うごとに手早く準備を完了!
「いただきまーす」の声がだんだん早く聞こえるようになりました。

勝ち負けにこだわるのではなく、また誰かに指示されて動くのでもなく、似た境遇の仲間をすぐそばに感じることによって内から湧いてくる競争心がスカウトの行動や表情も変えていく。
だからボーイスカウトって素晴らしい☆☆

日本スカウトジャンボリー 準備開始

8月4日から10日まで石川県珠洲市「りふれっしゅ村 鉢ヶ崎」で開催される第17回日本スカウトジャンボリー。
「冒険 ~能登のチカラ未来へ~」のテーマのもと、全国のスカウトが集結する国内で行われる4年に一度の大きな大会です。

この大会に参加する世田谷の小学校6年生から高校生年代のスカウトの事前キャンプが4月28日から3日間で行われます。
もちろん14団から参加する2人のベンチャースカウト・3人のボーイスカウトと、彼らが所属する隊のスタッフとしてリーダーも参加予定です。
14団は世田谷8団・10団・19団・23団・24団・25団のスカウトとともに「派遣隊第2隊」を編成し、榊原隊長(10団)のもとで7日間(出発は前日夜なので、性格には7泊8日)を過ごします。

長期間自宅を離れ、しかもいつものメンバーではない仲間とテントで生活を送りながらさまざまな体験を楽しみ、友情の輪を広げるためには、なんといっても基盤固めがたいせつ。
同じ世田谷のボーイスカウトでも団によって歴史も雰囲気もそれぞれの特徴があるだけでなく、スカウト一人ひとりにも得意なこと、苦手なこと、またその人らしいペースがあるので、きっと「へー!」「そうなんだ!」にもたくさん出会うことでしょう。
もしかしたらいつものキャンプ以上に気疲れしてしまうかもしれません。
でも、そこを乗り越えてお互いの役割を見出し、困った時もユーモアで解決できるようになったとき、ものすごく大切な宝物を手に入れるのだと思います。
いろいろな人がいて、でも、だからこそ楽しい。
誰もが未熟な存在、助け合えば前進することができる。

これまでそれぞれの団で培ってきた「仲間づくり」の力を存分に発揮して、次に会うのが楽しみになる、そんな時間になるといいな。

世田谷の派遣隊のテーマは「きときと世田谷」。
新鮮・気力が充実しているという意味の、北陸地方の言葉です。
きときと派遣隊第2隊、頑張ってきてね!

上から読んでも下から読んでも 

5月13日(日)13時から15時まで、カトリック成城教会で今年もボーイスカウトとガールスカウトの一日体験日「スカウトフェスタ」をおこないます。

ボーイスカウトもガールスカウトも、とってもよさそうな活動をしているみたい…となんとなく知っているけれど、本当のところはどうなのかな?どんな人がいて、どんな活動をして、それからどういうふうに子どもたちが成長していくのかな?と思っていらっしゃる方にはもってこいの一日です。

今年のテーマは「新聞紙」
ボーイスカウトもガールスカウトも、手元にあるもので楽しく過ごせるように工夫をするのが得意です。
新聞紙を使って、こんなにおもしろいことができちゃう!
しかもみんなで協力して、わくわくのゲームになっちゃう!
5歳以上のお子さんと一緒に遊ぼうと、ボーイスカウトもガールスカウトもとっても楽しみにしていますよ。

もちろんスカウトフェスタの前にも体験・見学ができますし、その前に保護者の方への説明も対応しています。
気になるな…と思われたら、どうぞお問い合わせを。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

今年もスカウトフェスタに 遊びに来てね!

いつもは4月下旬に開催しているスカウトフェスタ~ボーイスカウト・ガールスカウトの一日体験~ですが、今年の開催はゴールデンウイーク後の5月13日です。
5歳以上のお子さんなら男の子も女の子も、ぜひ遊びに来てくださいね。

「うえからよんでも したからよんでも しんぶんし」が今年のテーマ。
読み終わるとちょっとよれよれになって、最後にはゴミとなってしまう新聞紙ですが、ボーイスカウト・ガールスカウトの手にかかると立派なゲームのツールとしていきいき輝いちゃいます。
キャンプには絶対に欠かせない、スカウトの強い味方でもある新聞紙を使って、一緒に遊びましょう。

地域での社会体験は、自ら求めないとなかなか手に入れられない貴重なもの。
子ども時代に身につけた社会性は、大人になってからとても役に立ちます。
ボーイスカウトもガールスカウトも、一人ひとりがのびのび巣立つ素晴らしい活動です。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org