活動ブログ

日々成長するスカウトたちのようすを中心にご紹介するブログです。

活動ブログ一覧

そなえよ つねに

ボーイスカウトのモットーは「そなえよ つねに」
日常の小さなあれこれでも
「ああ、ちゃんと準備をしておけばよかった」
「しまった!忘れてきた!」
と後悔しながら思い出すのですが、自然災害が起きたときにも一番初めに頭に浮かぶ言葉です。
「わかっていたのに、知っていたのに…」
電池や水、食料を求めて買い物に走ったり電気のありがたさに初めてのように気づくとき、慌てないで冷静に対応を考えられる自分でいられるにはどうしたらよいのでしょう。
アルピニストの野口健さんはボーイスカウトでもいらっしゃり、9月26日産経新聞に以下のような連載記事を発表されました。
☆☆☆
度重なる豪雨災害に対し「異常気象」という言葉をよく耳にするが、僕の記憶を遡っていくと、ヒマラヤでも同じような事が言われ続けてきた。あれは確か1990年代中頃だったか、エベレスト遠征中にベースキャンプで雨が降り、驚かされ、またハエが飛んできた時には「エベレストにハエ!」と世界ニュースとして大々的に報じられた。当時、異常現象として話題を集めた、これらの出来事は今では普通になっている。
素人的な発想だが、繰り返されるということは、もはや「異常事態」ではなく、「気候が変動」してきているのだろう。つまり、「変わってきたのだ」と。人は経験則で物事を判断したくなる。今夏の豪雨災害の際も被災された高齢の方々から「こんな雨は生まれて初めて」と。「避難勧告が出されたのになぜ、避難しなかったのですか」とマイクを向けられ、「今までこんな被害は起きなかったから大丈夫だと思った」。
今夏の度重なる自然災害は「たまたま集中した」だけのことなのか、それとも「毎年のように繰り返していく」ことになるのか分からないが「災害はやってくるものだ」と心し、備えていた方がいいだろう。災害に強い街づくりも待ったなしだろうし、同時に災害に強い人づくりも必要だろう。まず必要なことは自分の命を守ること。自分の命を守れてこそ人の命を救えるのだ。そして、この国ならば災害規模にもよるが、3日ないし5日を自力で生き延びれば国がなんとかしてくれる。
そこで1つ提案がある。「生き延びる力」を養うためにも自然体験にもっと目を向けてほしい。自然体験はそれこそ「プチピンチ」の連続である。その「プチピンチ」から人々は生命力をつける。確かタイの学校ではボーイスカウトが授業のカリキュラムに含まれている。合宿への参加も義務付けられており、その過程をクリアしないと進級できないとのこと。日本ではボーイスカウト人口が年々減少し続けている。様々な習い事も結構であるが、「勉強できる」ということよりも「生き延びる力」の方が大切ではないだろうか。
☆☆☆
小学校高学年からのボーイスカウト活動では、野口さんの書かれている「プチピンチ」を体験していきます。
今あるどんなこともあたりまえではないと知る時、感謝の気持ちや仲間のありがたさ、自らに備えるべき力や知恵に目を向けることができます。
自助のできる人は周りの人をたすける力も発揮することができ、人と人がつながる力になっていく。
ボーイスカウトのめざす「世界の平和」は、小さな一歩の積み重ねから生まれるのだろうなと思います。
大型の台風24号が世田谷にも近づいてきています。
充電、水や食料や夜中の灯りなどの備えも万全にし、みなさまどうぞお大事にお過ごしくださいね。

2018/09/30 | カテゴリー : コラム | 投稿者 : AH

57回目のお誕生日

ボーイスカウト世田谷第14団(前身東京182団)が、カトリック成城教会の神父さまによって発団し、今年で57年。
ご縁をいただいたたくさんのスカウトとリーダーがここに集まり、多くを語り合いそして活動を共にしながらお互いに成長する機会を得てきました。
短い期間だった人も、ずっと今まで休むことなく続いている人も、ボーイスカウトの精神や出会った人や言葉、思い出に助けられまた励まされ、心豊かな人生を築く力をもらってきたことでしょう。

今年もまたいつもと同じように8月最後の日曜日に、結団記念式典を行います。
懐かしい教会へ、年代を超えたボーイスカウトの仲間に会いに、どうぞお越しください。
16:30  記念式典(聖堂)
17:10  一つ釜の飯を喰おう会(中庭)
17:45  キャンプ報告会(多目的ホール)
18:30  記念キャンプファイヤー(中庭)

ことのほか暑く厳しい今年の夏もスカウトたちは、キャンプやデイキャンプを通しさまざまな体験をしてきました。
スカウトたちからの報告会は昨年から始まり、大好評。
今年はどんな活動をしてきたのかな?を、どうぞお聞きくださいね。

2018/08/25 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

大きくて、かっこいいよ!ビーバーハウス☆

8月19日は14団ビーバー隊発隊30周年記念デイキャンプの日。
なんと30年前にビーバースカウトだった人が今のビーバー隊隊長として、この日を迎えるのです。

リーダーは午前中から集まって準備開始!
近所のスーパーでどっさり段ボールをもらってきました。
信徒会館の床の上には大きなブルーシートを敷き、テーブルには毛糸や折り紙、竹のぽっくりの残り。マジックや養生テープ、そして14団ビーバー隊のマスコット、ビーバーのぬいぐるみもみんなを見守っています。

今日ビーバースカウトが取り組むのは、「ぼくたちの家づくり」。
かっこいいビーバーハウスをみんなで作りますよ。
段ボールを切るときがちょっと心配だけど、危ないからさせないのではなく大人と一緒にチャレンジしてみるのがボーイスカウトのいいところ。
段ボールの山がどんなハウスに生まれ変わるかな。

さて、今日は活動の始まりに育成会からカブトムシの贈り物が届きました。
歓声を上げて見守るものの、手でさわるのは無理―!
わ!逃げた!どうしよう!
自然の中で生まれ育ったカブトムシだから、そっと桜の木に返してあげようねとリーダーが手伝いながらちょっとずつ慣れていきます。
通りすがりに同じくらいの年頃の男の子も、興味しんしん!
もちろん一緒にカブトムシを手に、はい、チーズ!

さて、多目的ホールに入ったスカウトたちは、リーダーからビーバーのことがわかる本を読んでもらい、イメージがふくらんだところでいよいよビーバーハウス作りが始まりました!
スカウトの豊かな発想に、段ボールをおさえたり養生テープで補強したりとリーダーがちょっと手を貸しながら、楽しく作業が進んでいき、気がつけばなんだか想像以上にすごいものができてるよ!

今日はここに泊まりたいなー
うーん、そうだねー
ぼくらのビーバーハウス。
みんなで力を合わせると、すごいものができるんだね!

カブスカウト、忍者になる! その3

カブ隊舎営3日目の八ヶ岳はお天気も上々!
緑の山々もキリッとした表情でカブ隊を見下ろしているので、朝礼では大きな笑い声で応えました。
お腹の底から笑うと元気がわいてくるので、疲れの出てくる3日目の朝にはシャキッとするのに効果的!

さて、今日の忍の修行「料理の巻」はガールスカウトとの合同プログラムです。
みんな大好きなカレー作りにチャレンジして味、盛り付け、そしてもちろんチームワークもコンテストのチェックポイントとなります。
ガールスカウトはジュニアから野外料理体験が始まっているので、ちょっと遅れをとってはいるものの、カブスカウトの気合いと斬新な発想⁈で頑張っていこう!

火起こしはもちろんリーダーの得意技です。
スカウト時代からしっかり訓練して来て、すっかり自分のものとなった薪組みの技はほれぼれするほど。
好き嫌い、得手不得手は誰にでもあるけれど、やったことがある!コツを知ってる!の体験がたくさんあると、ちょっとした時に自信になり、また誰かに教えてあげることもできる心の余裕につながります。
子ども時代にいろいろなビックリ!おもしろい!またチャレンジしたい!を味わっていけるといいですよね。

明日はたくさんのおみやげ話を持って、ちょっぴりお兄ちゃんになって帰ってきます。
世田谷では得られにくい山や空、風、木々、星など豊かな自然からのエネルギーを身体と心にたくさんもらいながら、
仲間と一緒にいると楽しいな!
力を合わせると、すごいこともできるんだな!
という体験は、じわりじわりと心の中で広がって、自信の芽をつけていきますよ。

カブスカウト、忍者になる! その2

カブ隊舎営の朝は、起床してから大忙し。
着替えて、身支度を済ませたら組ごとに点検を受けます。
夜はよく眠れたか?
出すものはだしたか?
疲れやホームシックも、隊長やリーダーにはすぐにバレてしまいますが、まずは今日も元気に目覚めることができたことに感謝して、外に出て朝礼で全員が揃ったら、スカウツオウンです。

心を静め周りの空気や仲間の存在を身近に感じながら、目に見えない自然の心、友達の心、そして自分の心を見つめる時間。
忙しく活発に活動しているとつい忘れてしまいがちのことだけど、短くてもこんな時間をもち心を養うのがボーイスカウトの素晴らしさですね。

今日は入笠山ハイキングに出発します。
宿舎で素敵なお弁当を用意していただいて、立派なバスで登山口まで送ってもらいました。
入笠山の魅力は何と言っても天空に広がるお花畑で、清々しい風に吹かれながら爽快な景色の散策を楽しめるそうです。
標高1,955mの山頂で360度の大パノラマが楽しめるといいな。
八ヶ岳、奥秩父連峰、富士山、南アルプス、中央アルプス、そして富士見のまちや諏訪湖が見えるのを楽しみに、整備されたトレッキングコースをゆるゆると歩いていきます。
程よい曇り空が味方してくれて、全員が完歩できそう。

カブ隊のこの一年は、本当によく歩きました。なんといってもダーツの旅は楽しかったな。
この仲間と一緒に過ごせるのも9月いっぱいまで。
同じ体験を分かち合ってきた、最高の仲間たちだよ。

カブスカウト、忍者になる! その1

8月11日。
カブスカウトたちが楽しみにしていた夏舎営が始まりました。
去年は世田谷3団カブ隊と一緒に榛名高原学校での四日間を過ごし、今年は同じ成城教会で活動しているガールスカウト東京都58団ブラウニー、ジュニア、シニアと八ヶ岳少年自然の家で過ごします。
時々合同プログラムで活動する他はそれぞれでのプログラムに沿っているのですが、同じ年頃のガールスカウトが野営を頑張る姿を知るのも素敵な体験ですね。

今年のテーマは「忍!忍!真の忍になるの巻」。
真の忍者をめざしてチャレンジするのは、入笠山ハイキング、忍び寄りゲーム、野外料理と盛りだくさんですよ。

まずは舎営地や宿舎を探検して、ルールや場所をちゃんと覚えなくっちゃね!
自分の持って来た荷物を部屋に運び入れ、活動着に着替えるのもカブスカウトにはちょっと大変な作業。
リュックのどこに入れて来たのかな?
脱いだ制服はハンガーにかけなくちゃ。
そうそう、靴下も忘れずにね。
ああ、笛が鳴った!集合だ。
おしゃべりばかりしないで、急げ急げ!

みんなで過ごす時間は、「今やるべきことをさっさと済ませると楽なんだな」「準備するときはこうしておくと便利なんだ」や、「手伝ってもらってうれしかったな、今度はぼくも頑張ろう…」」といったたくさんの思いを味わいながら賑やかに進んでいきます。

お帰り!第17回日本スカウトジャンボリー

今年の夏は早くから過酷な気温に見舞われて、本当に暑くきびしいですね。
ジャンボリーに参加中のスカウトたちも能登のあまりの暑さにダウン寸前となってしまいましたが、2日目に恵みのスコールのような雨が降って、元気を回復し楽しく過ごしているようです。

14団のスカウトたちは同じ班に2名ずつと、1人は自分だけという混成班で活動しています。
東京第22隊の班はFOX班・ファジーロップ班・シュナウザー班・キツネ班。
キャンプ生活を通じ、もうすっかりずっと一緒に過ごしてきた仲間のようにお互いのことを理解し合い力を合わせ、世田谷では体験できないような砂浜でのプログラムに取りくんだり、能登の伝統芸能や満天の星空を満喫しています。

この期間を通じて行われていた「ジャンボリーゲーム日本一」。
手旗信号リレー・火おこし・班旗立て・コンパスナビゲーションの4種目にそれぞれの班ごとに取り組んで、大会の最優秀班を決めるというもので、日々日本連盟の公式サイトにはその順位が更新されていきました。

今夜はアリーナ会場での閉会式。
宇宙飛行士の野口聡一さんや皇太子殿下のお話を聞き、いざこのゲームの発表の時間となった時…
「22隊、日本一!」
「シュナウザー班らしい!」
「班旗立てで、最優秀班になった!」
にわかに情報が飛び交い、気がつけばYouTubeで14団上級班長がにこやかに表彰されているではありませんか!
いっしょにキャンプをしていたインドスカウトの力も借りての総合力で、見事一位を獲得したとのこと。本当に素敵なできごとですね。

明日は荷物を詰め込み、またバスに揺られて世田谷に戻って来ます。
たくさんの経験、出会い、感動がスカウト一人ひとりの心に残り、じわじわと喜びや自信、次に向かっていく力となっていくことでしょう。
2年後にはアメリカでの世界ジャンボリー。
そして、4年後にはまた日本スカウトジャンボリーがなんと東京で行われることになりました。
14団からもたくさんのスカウトが参加できるといいですね。

2018/08/10 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : AH

第17回日本スカウトジャンボリー壮行会

8月4日から10日まで能登の珠洲市で開かれる第17回日本スカウトジャンボリー壮行会が7月22日国士舘大学で行われ、14団から参加するスカウトの5人のうち4人とリーダー1人が出席しました。

14団スカウトは「東京22隊」という、8団・10団・19団・23団・24団・25団の参加スカウトで構成する混成隊の一員として参加することになっています。
4月に初めて会った仲間とも、事前集会やキャンプを通してもうすっかり意気投合。
前日は成城教会で隊集会が行われ、暑さにもめげずジャンボリー日本一を決めるゲームの2つにチャレンジしました。

出発は8月3日の夜。
大型バスで一路能登に向かい、
「どこを見てもスカウトだらけ」
「行ってみたいところ、やってみたいことがどっさり」
「外国スカウトとも笑顔で挨拶」
の楽しくにぎやかな、ダイナミックな時間を過ごしてきます。

もちろんボーイ隊ベンチャー隊の混成班での野外炊事が毎日なので、暑さや疲れからちょっとホームシックになってしまうこともあるかもsirenaikeredo,自宅を離れての生活もまたいい経験ですね。
たくさんの「びっくり!」「おもしろい!」「頑張ってみたい!」を味わう、充実した時間を過ごしてきてね!

2018/07/25 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : AH

仲間がいるから

ボーイ隊の4年間は、中学受験や新しい環境での生活や部活に取り組むスカウトにとっては本当にあっという間。
どんなにボーイスカウトの活動が好きでも、環境が大きく変わるこの年頃のスカウトはまだまだ自分の時間をマネジメントするのは難しいこともあり、のびのびと自分らしいスカウティングを感じながら過ごしてもらえるようにと、中高生年代での一貫した進級制度に変わってきました。
これまではあきらめていたボーイ隊での1級スカウト、菊スカウトにもベンチャー隊スカウトとして活動しながらも続けてクリアしていけることになったのは、本当に大きな喜びです。

7月15日。
午後4時半から、ベンチャースカウトの一級章面接が行われました。
スカウトのいつも手元にあって何度も何度もページをめくっていく「スカウトハンドブック」には、上進した時から少しずつ課題をクリアしてきた印がたくさんつけられています。
1級章に必要な課題をすべて獲得したから自動的に章が渡されるのではなく、長期間にわたりあきらめずに続けてきたスカウトに敬意を表し、さらに続けていけるような励ましを伝えられる場として面接の場を設けているのです。

ボーイ隊スカウトの最高の章である菊章ほどかしこまらず、でもセレモニーはきっちりと。
面接する相手は見慣れた団内のリーダーとは言え、やはり隊長とともに臨む面接に、ちょっと緊張した面持ちでした。
でも、これまでのボーイスカウトの時間の中で、同期のメンバーが仲がよいだけではなくよきライバル、よき仲間であることが力になってきたことや、班長時代に班集会に後輩がたくさんきてくれたり気楽に話し合うことが達成感につながっていることを、落ち着いて言葉を選んで話す姿はとても立派でした。

長い人生のひと時に、ふと周りにいる仲間のことを思いやり、そこにいる自分を意識する機会をもつこと。
そしてこれからのことに思いをはせ、また歩み続けること。
6歳から25歳までの長い長い一貫教育のボーイスカウトだからこそ得られる、素敵な時間です。

2018/07/20 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : AH

ドキドキの体験

6月24日は、小学2年生のビッグビーバーたちにとって記念すべき一日となりました。

いつものように教会にやってきたスカウトたちですが、毎月発行される「ビーバーつうしん」をちゃんと読んでいたとみえて、いつも以上に「今日はどんなことをするのかな?」が知りたい様子。
ビーバー隊はかるたづくりをするのだけど、ビッグビーバーはどうやらその時間はカブ隊に入って体験をするらしい。
あの紺色の制服の先輩たちはちょっと大きいし、元気いっぱいだし、どうしていいのかわかんない。

え?頼りにしている隊長は、ぼくたちといっしょに行かないの!?
それを知った時の2人の顔といったら…!
背筋がピンとまっすぐになってしまい、全身緊張。
「大丈夫!隊長はすぐそばにいるから」といいながら、2人の気持ちをほぐすのに一生懸命の隊長…!
一年経たない間に、こんなに強いきずなが生まれていたんだね。

去年隊長だったリーダーの顔も見えたし、もちろん2人ともカブ隊の隊長にもまた組の仲間にもすっかり溶け込んで、カブ隊のなかまたちの大きな声援を背に、最後には帽子取りで対決までできました。
カブ隊でのセレモニーが終わって、やっとやっとビーバー隊に戻ってきたときの2人は、ちょっと誇らしそうで、それでも緊張を完全にほどくように口にはできないいろんな思いを「隊長の靴をける」とか「隊長にまとわりつく」で発散していました。かわいいね。

初めの一歩は本当にドキドキ。
どんなことをするのか、どんな雰囲気なのかがわからなければ、不安になるのは当たり前。
だけど、ちょっと頑張って飛び込んでみればどうってことないや!と思える素敵な体験でもありました。

家に帰って「ぼくは、カブ隊に行くよ」と宣言したとママから聞いて、リーダーたちは大喜び。
ビーバーで終わってしまうなんて、本当にもったいない。
カブ隊で、もっともっとたくさんの「びっくり!」「おもしろい!」「知らなかった!」を体験してもらいたいな。

さて、明日の1日。
今度はカブ隊の5年生くまスカウト達が、ボーイ隊体験をします。
制服がもうぱっつんぱっつんになってしまうほど成長してきた彼らも、ボーイ隊の中に入れば一番下っ端。
先輩たちと一緒に野外料理を作りながら、カブ隊ではできなかったあんなこと、知らなかったこんなことをたくさん味わう時間になるといいな。
初めてのことに緊張しても、そこを超えて新しい世界にチャレンジしていこう。
きみたちには可能性がたくさんあるのだから。