活動ブログ

日々成長するスカウトたちのようすを中心にご紹介するブログです。

活動ブログ一覧

成長はゆっくりでも

昨日の世田谷はなかなか気温が上がらなかったものの、お日様の日差しはたっぷりでした。

14団スカウト達がユニセフ「ハンド・イン・ハンド」に取り組んで、20年くらいたつでしょうか。
小学校1年生では一生懸命声を出して、「お金を入れてもらえるととてもうれしい」の気持ちで取り組む募金活動も、小学校3年生になると募金箱を作りポスターを書くため、「今年のテーマは何だろう」「どうして募金が必要なんだろう」を調べ始めます。
5年生になったスカウトたちは、品川にあるユニセフハウスに出かけたくさんの展示物に圧倒されながら、ボランティアの方の説明を熱心に聞き、ものにあふれた日本とかけ離れた現実の中にいる子どもの存在を知ります。
その年のユニセフ募金には、たぶん最も力が入っていて、集まったお金を数える作業や送金することも、我がこととして頑張って取り組むのです。

それからはスカウト一人ひとりの感性の成長に沿って、「では、自分はどうするか」を考える期間に入っていきます。
自分の頭で考え、全身で感じることが強い心を育てていくからです。
教えられたこと・発見したこと・できごとはいつでも私たち自身の記憶にあって、何かの折りに力を出したり・思考の広がりにつながって判断する力が養われていくのだと思います。

たくさんの方の善意をいただく半面、「こんなことをしているが、募金の行き先やどう使われるのか本当にわかっているのか」という苦情を聞きました。
はい。大丈夫。
もちろん、成長段階では理解が進んでいないスカウトもいます。
でも、どうか子どもたちは誰でも一年ずつ、少しずつ育っていくことを思い出してくださいね。
あたたかい大人の目線が社会の空気となって子どもたちを取り囲むことが、心優しくたくましい命を育んでいくのですから。

そして、もちろん大人である私たちも、自分を振り返り、誠実で、礼儀正しく、感謝の心を忘れない自分でありたいといつも心がけていかないと。
スカウトは、いつもリーダーたちの鏡です。

子どもたちに 生きるチャンスを

ボーイスカウトの活動は、一回一回はもちろん楽しいな!と思えるよう工夫されていますが、実はその一つ一つの体験をした・しなかったの違いは、後になってわかることが多いのです。
子育てとまったく同じで、心を育み、知恵や力をためていくのにショートカットはできなくて、地道に過ごしてきたあれこれやその時どんな風に感じどんなことを選択したかが、毎日毎日その人となりを創り上げているのだなと思います。

家庭や学校、そして地域でたくさんの子ども同士・先輩や後輩・大人に囲まれて周りを見、考え、意見を話し、何らかの役割を持って行動してみること、それを何年も続けていくスカウトに、経験からくる安心感・強い気持ち・頑張ってみようという意欲が自信となって備わっていくのが見えるのは、リーダーの喜びでもあります。

3日は近隣の成城学園前駅と喜多見駅構内をお借りして、午前中ユニセフ募金活動を行う予定。
なぜ、ユニセフ募金が必要なのか?
このお金はどこに行き、誰の役に立つのか?
そもそもユニセフって何だろう?

ただ呼び掛けてお金を集めるだけではない、一年一年成長しながらユニセフ募金と向き合うことでスカウトたちにわかってくることがたくさんあります。
今年のハンド・イン・ハンドのテーマは「子どもたちに 生きるチャンスを」
誰かのために力になりながら、スカウトたちも学び成長していきます。

1人でできることには限りがあるけれど、誰かと力を合わせるとすごいことができちゃう。
去年はできなかったことが、今年はできるようになった。
どうしてそれがたいせつなことだったのか、今になってわかる。

あなたもぜひ、ボーイスカウトに。

2017/11/28 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

VS50㎞にチャレンジ!

11月11日夜から12日にかけて、世田谷地区ベンチャースカウトのための50㎞オーバーナイトハイクが行なわれました。
伊勢原大神宮を21時にスタートし、246沿いに設けられた5つのチェックポイントと、三軒茶屋駅前にある「大山道標」サブチェックポイントを通過して、世田谷ボランティアセンターに9:00までにゴールするレースです。

夏から秋にかけて気候が定まらず、体調を崩してしまい棄権せざるを得なかったスカウトもいて、参加者は伴走リーダーを合わせ24人。

14団は実行団なので、本部とゴール業務を担当。
隊長と副長はもちろん、ローバースカウトも応援に駆けつけて任務に当たります。
14団のベンチャースカウト1人とガールスカウト東京都58団のシニアスカウトが参加するとあって、もちろん応援に出かけてきました。

この2日間は冷たい風がひどく吹き、チェックポイントに設置したテントが舞い上がり、風よけのブルーシートが大きく翻えり、どのチェックポイントでも各団リーダーたちがぶるぶる震えながらスカウトの到着を待っています。
246は車で走っているとあまり感じないものの、かなりアップダウンがあり、しかもひたすら一本道。
煌々と灯りがともされているので目標物の確認はしやすいものの、夜通し交通量が多く、これまた風を巻き起こす環境です。
それでもこのプログラムに参加し、ゴールを目指して走ろうと思うのは、初めてのことにチャレンジしよう、あるいは去年の自分よりもうまく進めていこうという意思が強く働くから。
足が痛くなり、身体も疲れ、睡魔も襲ってくる中延々と歩き続けることができるのは、やはりこの年代ならではの体力と気力があるからですね。

14団ベンチャースカウトはベンチャー隊に上進したばかり。もちろん頑張りましたよ。
同じ中学校に通う11団の友人やリーダーとともに何度も下見をし、万全の備えでチャレンジしたのですが、両方の足にまめができてしまい、本当に残念なことにリタイア。
シニアスカウトも発熱を押して参加したものの、あの環境ではとても最後まで歩き切ることはできませんでした。
でも、2人とも初めてのトライ。
きっと「次はこうしよう」の再チャレンジで頑張ってくれますね。

スカウトの到着を待ち受けていた58団ガールスカウトのリーダーたちとチェックポイント5で会いました。
教会でいつも会っているというのに、なんという懐かしさ。
しかも、ここ何年も遠方で活躍していた若いリーダーがひょっこり現れて、びっくりのあまり言葉が出なかった。
このサプライズは本当にうれしくて頼もしくて、これからが本当に楽しみ。
人と人の輪がまた広がった2日間でした。

来週ボーイスカウト世田谷14団では、育成会総会がおこなわれます。

遊びに来てね☆

29日日曜日は、カトリック成城教会で「聖タデオ祭」が行われます。
「普段教会になかなか来られない方も、どうぞお気軽に中に入ってみてください」という、教会に集うすべての人たちが力を合わせて作り上げるひとときで、聖堂では午前中にミサと午後からはパイプオルガン演奏会なども予定されています。
たくさんの方が遊びにいらしてくださるといいな。

14団のビーバースカウト・カブスカウト・ボーイスカウトは、58団ガールスカウト・教会学校の子どもたちと一緒に「手作りゲーム屋さん」を中庭で開催します!(雨の予報だから、信徒会館2階に変更になってしまうかなあ…)
誰にでもできる、おもしろいゲームをたくさん用意したので、ぜひ遊びに来てね。
11時から13時まで。せめてその時間はお天気が回復してくれるといいのだけど。

中庭では、ガールスカウトと並んでボーイスカウト紹介コーナーも準備中。
スカウトって、どんな活動をしているのかな。
どんな人たちが関わっているのかな。
14団はどんな雰囲気なのかな。
ちょっと聞いてみたいなと思われていたら、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。
本当は元気のよいベンチャースカウトのみんなが担当してもらいたかったのだけど、この日はどこも文化祭に当たってしまい、本当に残念。でも、14団で一番あったかーい、でもすっごく楽しいリーダーがお待ちしていますよ。
こちらも11時から13時までオープン予定です。

なんだか 楽しいぞ

一つ上のビッグビーバーたちがカブ隊に上進してしまって、今日来ているスカウトは二人みたい。
あれあれ?よく知らないリーダーがたくさん集まってきた。
みんなはぼくのことを知っているみたいだけど、ぼくは誰だかわからないな。

いつもの三丁目緑地まで歩いていってから、新しい隊長が「じゃあ、ここで自己紹介ゲームをします。」といって、みんなで大きな輪になってすわった。
一番初めにけいちゃんが隊長に教わりながら「ぼくは、そぼろが好きなけいちゃんです。」
隣りにすわっているぼくは、「そぼろが好きなけいちゃんのお隣りの」って言うんだって。
え?好きなものも言うの?
うーん、なんだろな。
「そぼろが好きなけいちゃんのお隣りの、メロンが好きなさーくんです。」 
できた!

今度は、見学に来ているこうくんが「そぼろが好きなけいちゃんのお隣りの、メロンが好きなさーくんのお隣りの、ブドウが好きなこうくんです。」 
すごいや、ちゃんと前の二人のことをおぼえていた!

でも、それから続くリーダーはもっと大変だったよ。
また「そぼろが好きな…」から始まって、何人も「お隣りの」を言うんだもの。
ハンバーグとか大福とかお好み焼きとかビールとか、もういろんなものが出てきて、誰がどれを好きなのかはこんがらがって来ちゃったけど、リーダーがまちがえないように一生懸命思い出している顔っておもしろい!
知らない人が、いつの間にか楽しい人になっちゃった。

その後の隊長の「早く大きな輪を作ろうゲーム」も「じゃんけんで負けたらごめんなさいゲーム」も、リーダーの「誰が持っているんだ?ゲーム」も、すごーく楽しかったよ。
「おめでとう ビーバー!」もみんなで大きな声で言えたし、「ありがとう ビーバー!」を言う時はとってもうれしかった。

15日はプラネタリウムに行くんだ。こんどは他のみんなも来られるといいな。

新年度が始まりました☆

14団の新年度が始まりました。

10月1日朝礼に集まったスカウトたちは、少し顔ぶれが変わった仲間との新たな活動の始まりに、どの顔もうきうきしているようです。

4人の小学校2年生を送り出してすごーく寂しくなったビーバー隊だけど、この日は見学に来てくれたお友だちと一緒に「早く大きな輪を作ろうゲーム」とか「自己紹介ゲーム」「誰が持っているんだろう?ゲーム」でやっぱり楽しい時間を過ごすことができました。
カブ隊の新しい組長たちも、「休め!気をつけ!」の号令をかけて大はりきり。
ビーバー隊から上進してきた4人の新人カブスカウトくんたちも、真新しい(ちょっと大きめ)濃紺の制服を身に着けて、先輩たちに遅れないよう頑張っていましたよ。

先月の名誉会議で、毎月の曲をスカウトソングから選んだボーイ隊。
題名だけで選んだり、苦し紛れに選んだ曲はやたら長かったり、どうするのかなあと思っていたら、もちろん全員がちゃんと歌えるように練習してきましたとも!素晴らしい。しかも、班長も次長も暗譜で。やる気満々!
ベンチャー隊はスカウトミサでの奉仕の後、砂場の一角に陣取って隊長と年間プログラムの相談など、とっても楽しそうに話し合いをしていました。
なんとこのメンバーは、カブ隊時代の隊長とスカウトの関係。その時とは違う、今度はもっと大人のつながりが生まれそうな予感。

これからの一年が、14団の誰もにとっていい活動を展開できる、楽しく実りある時間になりますように。

2017/10/08 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : AH

たくさんのエール

ボーイスカウトの進級システムでは、ボーイ隊は初級から始まり、ハイキングやキャンプを経験し、課題に取り組んでクリアしては2級章・1級章と進んでいきます。
ボーイ隊でチャレンジできる最高の章が菊章で、クリアするべき課題の数だけでなく、あらゆる分野での経験と仲間から認めてもらうことも必要なので、いつでも誰でもが手にできる章とは言えません。
章をとること自体は目的にならないけれど、一つの目標を定めて頑張っていく機会を自分に課していくことはとても大事なこと。
新たな自分を発見したり、知らない世界に興味を持つようになるなど、たくさんのことを得ることができます。

さて、ボーイ隊4年目で班長スカウトの菊章団面接が9月2日に行なわれました。
分厚いスカウトハンドブックに載っているそれぞれの章への課題を一つ一つクリアし、途中であきらめず継続してきたことは、本当に根気のいる、素晴らしいことです。
14団アドバイザーの菅野団担当コミはもちろん、ボーイ隊隊長とスカウトのお母さんも列席して、団の代表たちが地区での面接の予行演習にもなるようにと企画しました。

団面接を無事に終え、今度はいよいよ本番。
20日夜弦巻区民センターで行われた菊章地区面接です。
14団団委員長とボーイ隊隊長はもちろん一緒にいたのですが、部屋に入り、バッジのたくさんついた制服を着て難しい顔の(ように見えた)10人もの知らない人の前に立ったとしたら…
誰だって上がってしまいますよね。
それでも、前回アドバイスをいただいたところはちゃんとクリアし、いつもの自分らしくまっすぐ前を向いて一つ一つの質問に丁寧に答えることができたとのこと。本当によく頑張りました!

もちろん、みなさんはいじわるな人たちなんかじゃありません。
全員が世田谷地区内の団で活動しているリーダーたちで、世田谷のスカウト一人ひとりをたいせつに思い、よい環境を整えようと努力している人たち。
つい所属している隊や団の中だけでものを考えてしまいがちだけど、実は14団も世田谷地区の仲間に見守られ、支えられているのですね。
緊張した面接ではあったものの、たくさんの笑顔とあたたかい気持ちも一緒にいただいてきました。

さて、いよいよ菊章伝達式。
3人のコミッショナーと進歩委員会の方が駆けつけてくださいます。
14団のみんなで、一緒にお祝いしましょうね!

新しい冒険の始まり

9月24日は14団の年度替わりの日。
各隊で最高学年のスカウトが一つ先の隊に上進する、けじめの式が行われます。

上進するスカウトたちは、すっかり小さくなってしまった制服から真新しい、ちょっと大きめの制服に身を包んでやってきます。
どの顔もやや緊張した、でも誇らしそうな表情を浮かべていて、教会中に元気がみなぎるよう。

すっかり頼りにしていた先輩を送り出し最高学年に進むスカウトたちも、うれしさの混じった、意気込みの感じられる表情でやってきます。「よし!今度は自分の番だ!」と顔に書いてあるみたい。
これまで新入りで一年目だったスカウトにも、いよいよ後輩ができるので、これまでのように気楽にはしていられませんね。
一人ひとりのスカウトが、新しい一年を迎える日。

これまでよりも、もっと楽しい時間を。
なんでも用意してもらって楽しんできた時代から、少しずつ「自分も楽しい。周りの人も楽しめるように」と考えられる人に。

今よりも、もっとかっこいい自分探しの冒険を。
一緒に過ごす仲間の顔ぶれが少し変わったということは、共に成長し刺激し合える仲間がまた増えたということ。
自分の周りの小さな世界から一歩踏み出して、自分の心も力も伸ばしていける人に。

カブ隊の「やくそく」、ボーイ隊の「ちかい」を聞きながら、「おきて」の言葉を改めてかみしめよう。

ボーイ隊のキャンプでは

8月27日の結団記念式典の一連の行事の中で、「夏の行事・キャンプ報告会」が行われました。
14団の保護者、リーダーだけでなく、ガールスカウト東京都58団のみなさんも見学してくださって、本当ににぎやかなひととき。
あんなに大勢の人たちの前で何かを話すなんて、きっと本当にドキドキしたはず!
前を向いてはきはき発表できたスカウトもいるし、ちょっと小さな声になってしまったり、はずかしくて下を向いてしまったスカウトもいたり、でもそんなことは何にも問題ではありません。
「おとなしい」「のんびり」「自分を表現するのがあまり得意ではない」のイメージの強かったスカウトが、ずっとそのままか?というと、何がきっかけかはわからないけれどキャンプファイヤーを取り仕切って大きな声でリードをとる存在になっていた…などというのはよくある話。
一人ひとりが、それぞれのペースでいいから自分の中に力をためて、生き生きと歩んでいける、何かの助けにボーイスカウトの活動がなっていたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

さて、今年の夏のボーイ隊キャンプ。
世田谷10団と同じ本栖湖村営キャンプ場に4泊5日のスケジュールで出かけてきました。
このキャンプ場は近隣の団にもとても人気があるようで、近くには世田谷25団が、ちょっと離れたところには世田谷7団が同じ時期にキャンプ中。
隊長とローバースカウト年代の3名とで臨んだ14団だったけれど、ベンチャー隊隊長が一泊訪問してくれたほかにも同じ世田谷地区での顔見知りの年配リーダーたちが、さりげなく手を貸してくださったとか。ありがたいことですね☆

カブ隊もそうでしたが、設営とか朝礼とか食事の用意とか、なんとなく気になる存在がいてちょっとライバル意識を持っちゃうのは合同キャンプならでは。
最終日のキャンプファイヤーでの寸劇準備のグループミーティングを織り交ぜながら、本栖湖一周ハイキングに10団と14団が右と左に分かれて出発し、湖のちょうど反対側ですれ違うとか、料理が得意な10団のリーダーに一緒に丸鶏のさばき方を習っていろいろな料理を作ってコンテストにしてみたりとか、おもしろさの幅も広がったようです。

いつもそうだけど、このメンバーでのキャンプは大抵この時限り。
満たされた生活空間から離れ、日々の暮らしも自分たちで整えながらの活動は、友だちのありがたさを感じたり、自分が去年よりもっとできるようになったと感じたり、また自然のありがたみを身近に感じられる心豊かな体験です。
一人ひとりの性格やものの考え方や、その成長ぶりをお互いに見つけやすい時間を共にしたからこそ、大人になったのちも「あの時のキャンプは」と懐かしく話が弾むのかもしれませんね。

よい時間・なかま・感動。
もっともっとたくさんの子どもたちにも味わってもらえるといいな。