成長はゆっくりでも

昨日の世田谷はなかなか気温が上がらなかったものの、お日様の日差しはたっぷりでした。

14団スカウト達がユニセフ「ハンド・イン・ハンド」に取り組んで、20年くらいたつでしょうか。
小学校1年生では一生懸命声を出して、「お金を入れてもらえるととてもうれしい」の気持ちで取り組む募金活動も、小学校3年生になると募金箱を作りポスターを書くため、「今年のテーマは何だろう」「どうして募金が必要なんだろう」を調べ始めます。
5年生になったスカウトたちは、品川にあるユニセフハウスに出かけたくさんの展示物に圧倒されながら、ボランティアの方の説明を熱心に聞き、ものにあふれた日本とかけ離れた現実の中にいる子どもの存在を知ります。
その年のユニセフ募金には、たぶん最も力が入っていて、集まったお金を数える作業や送金することも、我がこととして頑張って取り組むのです。

それからはスカウト一人ひとりの感性の成長に沿って、「では、自分はどうするか」を考える期間に入っていきます。
自分の頭で考え、全身で感じることが強い心を育てていくからです。
教えられたこと・発見したこと・できごとはいつでも私たち自身の記憶にあって、何かの折りに力を出したり・思考の広がりにつながって判断する力が養われていくのだと思います。

たくさんの方の善意をいただく半面、「こんなことをしているが、募金の行き先やどう使われるのか本当にわかっているのか」という苦情を聞きました。
はい。大丈夫。
もちろん、成長段階では理解が進んでいないスカウトもいます。
でも、どうか子どもたちは誰でも一年ずつ、少しずつ育っていくことを思い出してくださいね。
あたたかい大人の目線が社会の空気となって子どもたちを取り囲むことが、心優しくたくましい命を育んでいくのですから。

そして、もちろん大人である私たちも、自分を振り返り、誠実で、礼儀正しく、感謝の心を忘れない自分でありたいといつも心がけていかないと。
スカウトは、いつもリーダーたちの鏡です。

子どもたちに 生きるチャンスを

ボーイスカウトの活動は、一回一回はもちろん楽しいな!と思えるよう工夫されていますが、実はその一つ一つの体験をした・しなかったの違いは、後になってわかることが多いのです。
子育てとまったく同じで、心を育み、知恵や力をためていくのにショートカットはできなくて、地道に過ごしてきたあれこれやその時どんな風に感じどんなことを選択したかが、毎日毎日その人となりを創り上げているのだなと思います。

家庭や学校、そして地域でたくさんの子ども同士・先輩や後輩・大人に囲まれて周りを見、考え、意見を話し、何らかの役割を持って行動してみること、それを何年も続けていくスカウトに、経験からくる安心感・強い気持ち・頑張ってみようという意欲が自信となって備わっていくのが見えるのは、リーダーの喜びでもあります。

3日は近隣の成城学園前駅と喜多見駅構内をお借りして、午前中ユニセフ募金活動を行う予定。
なぜ、ユニセフ募金が必要なのか?
このお金はどこに行き、誰の役に立つのか?
そもそもユニセフって何だろう?

ただ呼び掛けてお金を集めるだけではない、一年一年成長しながらユニセフ募金と向き合うことでスカウトたちにわかってくることがたくさんあります。
今年のハンド・イン・ハンドのテーマは「子どもたちに 生きるチャンスを」
誰かのために力になりながら、スカウトたちも学び成長していきます。

1人でできることには限りがあるけれど、誰かと力を合わせるとすごいことができちゃう。
去年はできなかったことが、今年はできるようになった。
どうしてそれがたいせつなことだったのか、今になってわかる。

あなたもぜひ、ボーイスカウトに。

2017/11/28 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

遊びに来てね☆

29日日曜日は、カトリック成城教会で「聖タデオ祭」が行われます。
「普段教会になかなか来られない方も、どうぞお気軽に中に入ってみてください」という、教会に集うすべての人たちが力を合わせて作り上げるひとときで、聖堂では午前中にミサと午後からはパイプオルガン演奏会なども予定されています。
たくさんの方が遊びにいらしてくださるといいな。

14団のビーバースカウト・カブスカウト・ボーイスカウトは、58団ガールスカウト・教会学校の子どもたちと一緒に「手作りゲーム屋さん」を中庭で開催します!(雨の予報だから、信徒会館2階に変更になってしまうかなあ…)
誰にでもできる、おもしろいゲームをたくさん用意したので、ぜひ遊びに来てね。
11時から13時まで。せめてその時間はお天気が回復してくれるといいのだけど。

中庭では、ガールスカウトと並んでボーイスカウト紹介コーナーも準備中。
スカウトって、どんな活動をしているのかな。
どんな人たちが関わっているのかな。
14団はどんな雰囲気なのかな。
ちょっと聞いてみたいなと思われていたら、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。
本当は元気のよいベンチャースカウトのみんなが担当してもらいたかったのだけど、この日はどこも文化祭に当たってしまい、本当に残念。でも、14団で一番あったかーい、でもすっごく楽しいリーダーがお待ちしていますよ。
こちらも11時から13時までオープン予定です。

新しい冒険の始まり

9月24日は14団の年度替わりの日。
各隊で最高学年のスカウトが一つ先の隊に上進する、けじめの式が行われます。

上進するスカウトたちは、すっかり小さくなってしまった制服から真新しい、ちょっと大きめの制服に身を包んでやってきます。
どの顔もやや緊張した、でも誇らしそうな表情を浮かべていて、教会中に元気がみなぎるよう。

すっかり頼りにしていた先輩を送り出し最高学年に進むスカウトたちも、うれしさの混じった、意気込みの感じられる表情でやってきます。「よし!今度は自分の番だ!」と顔に書いてあるみたい。
これまで新入りで一年目だったスカウトにも、いよいよ後輩ができるので、これまでのように気楽にはしていられませんね。
一人ひとりのスカウトが、新しい一年を迎える日。

これまでよりも、もっと楽しい時間を。
なんでも用意してもらって楽しんできた時代から、少しずつ「自分も楽しい。周りの人も楽しめるように」と考えられる人に。

今よりも、もっとかっこいい自分探しの冒険を。
一緒に過ごす仲間の顔ぶれが少し変わったということは、共に成長し刺激し合える仲間がまた増えたということ。
自分の周りの小さな世界から一歩踏み出して、自分の心も力も伸ばしていける人に。

カブ隊の「やくそく」、ボーイ隊の「ちかい」を聞きながら、「おきて」の言葉を改めてかみしめよう。

☆ボーイスカウト・ガールスカウトを体験してみませんか☆

ボーイスカウトの最新のアンケートによると「ボーイスカウトはみんなが知っているナゾの団体!?」(ボーイスカウトを知っている→92.3% 活動内容を知っている→18.0%)。かなり悲しい結果です。

ボーイスカウトやガールスカウトはアウトドアの達人を育てるための活動ではありません。(野外が教場なので、結果みんな自然が好きですが。)少年期・青年期に長い時間をかけて、自分を発見し、自信をつけて、そして周りの人たちや環境のことも考え行動できる力を身につけていく体験活動です。これをみなさまに一言でご理解頂くのが大変難しいのです。それでそんな悲しいアンケート結果になってしまう。(現在対策中です!)

今年もスカウトファスタを4/30(日)に行います。ボーイスカウト・ガールスカウトを短時間ですが体験頂くことができます。今のメンバーの中に入っていっしょにできる、テント体験、野外ゲーム、キャンプファイヤなど 楽しい体験プログラムを準備しています。

はにかみ屋さん、照れ屋さん、そんなお子さんこそ大歓迎。きっと普段みられない一面がきっと発見できるはず。是非お気軽に遊びに来て下さいね。 お会いできるのを楽しみにしています。

申込先: info@bs-setagaya14.org または 問合せフォーム から

餅つき&スカウト新年会

1月15日、餅つき&スカウト新年会。
例年12月に行っていた餅つきを諸般の事情によりスカウト新年会と同日に行いました。

IMG_8856 IMG_8841 IMG_8885

 

 

 

 

 

 

販売や来て下さった方に配ったりしていたお餅も今年は自分たちが食べる分だけつくことに。
しかも何時もはつくにはつくが食べやすい大きさに丸めるのは団委員や手伝って下さるお母さん方でしたが、今年は丸めるのも各自。
手にいっぱいくっつけて悪銭苦闘するも何かつくのより楽しそう。味付けはあんこにきな粉、醤油を好みで。

IMG_8875 IMG_8862 IMG_8882

 

 

 

 

 

 

これがお昼ご飯。暖かい味噌汁とともにみんなお腹いっぱい食べました。

午後からはスカウト新年会。
新年会はベンチャー企画なのですが肝心なベンチャースカウトは企画はしたものの今日は全員模試。
代わりにローバースカウトが進行役を務めてくれました。
ビーバーからボーイまで4つの混成班に分け、班対抗で行いました。

IMG_8927 IMG_8933 IMG_8935

 

 

 

 

 

 

最初の班名決めから伝言ゲーム、輪ゴム運び。最後は14団恒例のみかん取り。
スカウトもリーダーも、保護者も見学のちびっ子も全員参加。勝ち抜き戦で優勝を目指します。
くじ引きで決められた対戦では同じ隊のリーダーとスカウトだったり、親子対決、兄妹対決も。
小さい子にも容赦なく、特に若手リーダーは優勝を狙います。
そして今年の優勝者はなんと久しぶりに顔を見せたローバー隊長でした。

IMG_8952 IMG_8981

 

 

 

 

 

 

団からはおやつも出て(勿論リーダーにも)、スカウトは長いようでもあっという間の楽しい一日を過ごしました。

そうそう、忘れるところでした。
ビーバー隊にまた一人入隊しました。みんなが見守る中、大きな声で約束が言えました。

もう一つ、12月に行ったユニセフ募金の結果についてもくまスカウトから発表がありました。

IMG_8909 IMG_8919

 

 

 

 

 

 

年配リーダーは少々お疲れのところもありましたが、スカウト達の笑顔に癒やされた一日でした。
(報告遅くなりました。T.T記)

新年度はドキドキがいっぱい

dscn2169dscn21469月25日は14団の新年度が始まった日。
大抵の団は4月始まり3月終わりの年度に切り替えているのですが、学年が変わる直前の春のキャンプで一つのヤマを越し夏休み中のキャンプで集大成というプログラムのたて方が一番スカウトにとってよいのでは…という考えから今のところ変更はしていません。

8月末は結団記念式典で国旗と隊旗をスカウトが手に聖堂に行進して入る儀式を終えたばかり。
旗手はその一年活動をしてきたスカウトの、大抵は最高学年から選ばれるのですが、9月末のこの日は「これから頑張るぞ」という新しく最高学年になったスカウトから選ばれることが多いのです。
一年の違いは大きくて、ビーバースカウト(小学校1年生)にはもう旗を持っているだけでも精いっぱい。
先輩たちに混じっては、うっかり弱音もはけないとみえて、とっても頑張る瞬間なのです。
もちろん、今年の上進式もパパやママがカメラを片手にはらはら見守る中、しっかり行進できましたよ。
こんな経験の一つ一つが、達成感や自信につながっていくのですね。

カブ隊の3年間でチャレンジブックを全部クリアしたくまスカウトが、上進式の前にスーパーカブとして表彰されました。
得意なことはどんどん進められても、ちょっと苦手だったり面倒なページはついつい後回しにしてしまったり、いやになってしまったり。
きらいだと思っていたことが、案外そうでもなかったなと感じられたり渋々でも逃げないでチャレンジしてみることでわかることがあったりと、その過程にとても大きな意味のあるブックですが、それでもやっぱりすべて済ませた努力にはみんなからの惜しみない拍手が送られます。
世田谷地区のコミッショナーから送られた、オリジナルチーフリングのシリアルナンバーは82と83。
これからもしっかり頑張ってね!との励ましをいただきました。

今年は小学校2年生のビーバースカウトが6人カブ隊へ。
5年生になったくまスカウト5人がボーイ隊へ。
4人の中学3年生がベンチャー隊へそれぞれ上進しました。
真新しい制服に身を包んでちょっぴり緊張しながら席についていたスカウトたちは、リーダーから名前を呼ばれると大きな声で返事をし、祭壇の前で隊旗を前にちかいの言葉、やくそくの言葉をいいます。
「ぼくはしっかり頑張っていきます」ということを自ら宣言することで、改めて新しい隊で周りの友だちと力を合わせ、自分の力を伸ばし、誰かのために役に立てる人になろうと心に刻みます。

先輩スカウトたちは新しい仲間に合わせてスカウトサインをし、静かに見守ります。
自分の時のことをちょっと思い出し、班長や組長として頑張ろう!と決意を新たにしているかもしれません。

リーダーたちもちょっぴり異動がありました。
昨年に続きビーバー隊からローバー隊まで5人とも14団で子どもの頃からスカウト活動を楽しんできた、いわばスカウトたちにとっての先輩が隊長として活動していくことになりました。
5人全員が隊長経験者で14団をこよなく愛し、スカウトにとっても自分たちにとっても居心地のよい居場所としての14団にしていこう!と早速隊長同士のミーティングも始まっています。

どの子どもたちも、若者も、みんな14団そして地域の宝ものです。
一人ひとりの人生がより力強く心豊かなものになっていくよう、ボーイスカウトの精神が身につく活動がまた新たにスタートしました。

結団55周年記念式典・同じ釜の飯を喰おう会・営火

8月28日は世田谷14団の結団記念式でした。

55周年という節目の年ですが、昨年前倒しで記念キャンポリーは済ませ式典そのものは例年通りでしたが、今年は川原神父様のダイヤモンド祝と言うことで特別講演をいただきました。これにはスカウト、リーダー、参列していた保護者だけでなく同じ成城教会で活動しているガールスカウト東京58団のスカウト、リーダーも一緒に聞きました。

式典の後は夕食。
団委員とお手伝いに駆けつけてくださった保護者の手作りカレーライス。リーダーの約1名を除いては皆んなお肉や野菜が一杯入り大鍋でグツグツ煮込んだ14団のカレーが大好きです。おかわりもしてお腹いっぱい食べました。

カレーの後はスカウト達が楽しみにしていた営火(キャンプファイヤー)です。でも、開始直前に雨が本降りとなったため急遽室内に変更。
エールマスターはベンチャースカウトです。今年のベンチャーは部活や受験勉強でほとんど活動が出来ていない状況ですが今日だけは違います。年下のスカウトやガールの為、一生懸命ファイヤーを盛り上げてくれます。各隊(班)のスタンツも笑いあり、可愛さありで楽しいものでした。
ただ、伝統的に体力の14団的なところがあり、ボーイ隊やベンチャー隊のスタンツというよりは罰ゲームでビーバーの保護者やガールのブラウニーはビックリしたかも知れません。これでも昔よりはおとなしくなった方です。

最後に川原神父様のお話を聞いて解散となりました。
スカウト達、夏休み最後の日曜日を楽しんでくれたと思います。
今回、ローバーは隊長とスカウト2名の寂しい参加でしたが、ファイヤー後皆んな(特にリーダー)がスンナリ帰れる様に食後のホールの清掃を一生懸命やってくれていました。

IMG_7520 IMG_7525 IMG_7529 IMG_7552 IMG_7564 IMG_7570 IMG_7573 IMG_7582 IMG_7592 IMG_7593 IMG_7599 IMG_7610 IMG_7628 IMG_7644 IMG_7650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ1:帰りのカブ隊の解散セレモニーの際に嬉しい発表が、スーパーカブが2人でる予定とのこと。

IMG_7653

 

 

 

 

 

 

おまけ2:式典前には来週の教会行事、子供の集いの最終打ち合わせがボーイ、ガール、教会学校のリーダーで行われました。

IMG_7504

 

 

 

 

 

 

おまけ3:式典前にカブ隊はJCCSキャンポリーの報告書、壁新聞作りをしました。

IMG_7514IMG_7512

2016/08/31 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH

オーバーナイトハイク

5/21(土)から22日(日)にかけてボーイ隊の活動であるオーバーナイトハイク。

ボーイ隊の活動ですがそこにガールスカウト東京第58団のスカウトも加わり、夜通し一緒に歩きます。

企画運営はローバースカウトが行い、ガールスカウトのリーダーも含めてリーダーや団委員は本部、CP等サポートに回る団あげての活動です。

冬の寒い頃から計画を立て始め、下見も何回も繰り返しました。

今回は東京都を飛び出し江の島、鎌倉の周遊コース。約26キロ前後を歩きます。

テーマは~「オーバー・ナイトハイク」を訪ねて三千里in海街

本部は藤沢21団の聖マルコ教会をお借りすることに。

リーダーは一旦マルコ教会に入った後、チェックポイント担当者はチェックポイントへ。

コースパト(歩行中のスカウトの安全を守ります)はスタート地点へ。

スカウトは成城から電車で移動してきます。

スタート地点は江の島。

コースは、江の島~藤沢市奥田公園~源氏山公園~由比ヶ浜(マザーズカフェ)~稲村ヶ崎~江の島。

スカウトは2班に分かれそれぞれ右回り左回りで歩きました。

江の島は土曜の夕方と言うこともあり大勢の観光客で混雑。スタート地点もあまりの観光客の多さに江の島へ渡る橋の途中の砂浜に変更。

今回のハイクの目的の一つに江の島で日の入りと日の出を見るというのがあり、スタート前に日の入りを。

残念ながら丁度雲が出てしまいうまく見れませんでしたが先発のリーダー、ローバースカウトに続きスカウト達は元気に出発して行きました。

途中天気予報外のにわか雨が数回。例年ですと6月に開催していたので、雨は想定内と言えば想定内。でも気温は高め。

途中若干の遅れはあったものの、ほぼ中間地点となる源氏山公園に左右それぞれのコースを回っているスカウトが相次いで到着。

ここで全員が顔を会わせ持参のおにぎりで夜食タイム。持ち込みの手間を考えインスタントになってしまいましたが、団から暖かいスープも提供されました。

しばしの休憩後、後半へスタート。

この源氏山周辺はハイキングコースになっていて、このコースを歩かせるのも今回の目的の一つ。

但しここは夜間は真っ暗。自分の懐中電灯だけが頼りです。

ここは右回り、左回りのスカウトも同じ様に歩かせるため鎌倉駅側から大仏へ抜ける一方通行のはずが右回りのスカウトはちょっとした勘違いから逆回りから入ってしまうハプニングも。

そのため直前の雨での足場の悪さを考慮し、右回りのスカウトは実行委員長がせっかく用意した真っ暗なお墓の間を抜ける肝試し的な道を通れませんでした(笑)

後半はさっき降った雨が嘘の様な綺麗な月明かりの道を眠気と戦いながらの歩行。

チェックポイントでの調整がありましたが、ほぼオンタイムで両方のスカウトが相次いでゴールの江の島に到着。

到着後は全員で江の島の先端へ移動して日の出を見ました。

日の出は雲も無くちょっと感動的な素敵なものでした。でも一番下の6年生スカウトは眠気に勝てず座り込んで舟をこいでいました。

最後はスカウトは全員で電車で成城教会に戻り解散。

今回リーダー配置の関係からコースパトは1台の為、海側、市街地側と行ったり来たりしながら走り回ることに。

でも実行委員長であるローバースカウトが、持ち込んだ自転車に乗り、歩いているスカウトをサポート。

時期の設定の関係から中間テスト等に重なりベンチャースカウトは全員不参加となり、スカウトの班にはローバースカウトが同行し且つ、ハイキングコースの区間はガールスカウトのリーダーも同行して安全確保。

参加スカウトは少なめでしたが、辛くても体力だけでなく精神的にも、心の中にも何かを残す貴重な体験になったかと。

まあ最後は眠気だけで何も考えられなかったかも知れませんが。

企画運営の中心となり実行委員長を務めたローバースカウト、本部を切り盛りしたGS58東京58団のジュニアのリーダー始め多くのローバースカウト、リーダー、お疲れ様でした。

毎年の行事とは言え反省点も盛りだくさんとなったオーバーナイトハイクでしたが、何より無事にスカウト達が歩き切ったこと、その全てに感謝です。

そして今回本部としてお借りした藤沢21団の聖マルコ教会関係者、チェックポイントを置かせて頂きました世田谷19団団委員経営のマザーズカフェ(とっても素敵なところです、是非皆さん行ってみて下さい。食事もケーキもとっても美味しいですよ)、大変おせわになりました。ありがとうございました。

ところで、先発はビーバー隊長とブラウニーのリーダー、そしてローバースカウトの二人組。

私ベンチャー副長はコースパトを担当しましたが今回は助手席、運転を担当はカブ隊長。

他にベンチャー副長二人と団委員がガールのリーダーと組んでチェックポイントを担当。

スカウトのためとはいえ、奉仕されたリーダー、団委員の方々、お疲れ様でした。

帰宅後、スカウトの保護者のメールを見るとスカウト達は皆爆睡状態とのことでした(笑)

参考:今回(も)スマホのGPSアプリを使いスカウト、先発隊、コースパトの位置情報の把握に利用しました。スカウトがどの辺を歩いているか把握するのに非常に有効でした。併せてLINEも連絡と情報共有用に使いました。便利になりました。

(T.T)

IMG_6978

最終ミーティング

IMG_6988

日の入り、雲が・・・

IMG_6990

スタート直前

IMG_7003

いよいよスタート

 

 

 

 

 

 

IMG_7004

江の島は夜も華やか

IMG_7010

源氏山公園にて

IMG_7012

源氏山公園にて

IMG_7014

源氏山公園にて

 

 

 

 

 

 

IMG_7018

江ノ電シラススニッカーズ班

IMG_7019

いざ江の島班

IMG_7026

サブチェックにて

IMG_7027

マザーズカフェ内

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4742

幻想的な月明かり

IMG_7032

本部、忙しいです

IMG_7035

夜明け(日の出)

IMG_4739

日の出をバックに

 

 

 

 

 

 

IMG_7040

手前のスカウトが・・・

IMG_7042

眠気には勝てず

IMG_7052

解散セレモニー

IMG_4741

ガールからの差し入れ

 

 

楽しかったね☆スカウトフェスタ

4月29日はお天気には恵まれたものの、とても強い風がビュービュー。
遊びに来てくれるお子さんたちに楽しんでもらえるよう、飾り用に膨らませたばかりの風船があっという間に風にさらわれたり、看板が倒れたり用意したプリントやお楽しみグッズが空に舞ったりと朝から大騒ぎ。
それでも集合時間の9時45分にはたくさんのお子さんとご家族が集まってくれました。
「いったいここはどこ?」「なにが始まるのかな」とドキドキの様子でお母さんのそばにぴったりくっついているお子さんたちも、グループに分かれてゲームが始まるころには大きな声でおしゃべりしたり笑ったり、元気に過ごしてくれました。

IMG_6685 IMG_6696 IMG_6714

この日のメインキャストは火の神様と女神さま。
58団団委員長の手にかかれば、カラービニール袋がこんな素敵な衣装に早変わり。
2人に誘導されながら、「失われた火の種」を探しに冒険に出たり、そこで不思議なゲームで遊んだり。
午後からのスカウトゲームではドキドキしながらナイフを使って鉛筆を削ったり、真っ暗なテントの中で「コワイ話」に笑いころげて大騒ぎしたりと普段なかなかできないことで楽しんでもらいました。

IMG_6722  IMG_6727  IMG_6751

ボーイスカウトはサバイバルに強い人を育てるところ…そんなイメージが強いけれど、実はそれがたいせつなのではなく、どんな時も「今、自分は何をするべきか」を感じとり行動できる人となることが目的。
もちろん、周りの人たちや自分自身も愛する心を育てていくことも。
小さいころからの体験のつみかさねが、「なんだか頼りになる、あたたかい人」につながっていきます。

遊びに来てくださったみなさん。
もしよかったら、14団・58団でスカウト活動をはじめてみませんか?
また、この日は来られなかったけれどボーイスカウト・ガールスカウトに興味を持たれた方、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

IMG_6760  IMG_6776  IMG_6778

2016/05/04 | カテゴリー : 団行事 | 投稿者 : AH