ダーツの旅 ~上北沢から寺町 2組の旅~

今年のカブ隊では「ダーツの旅」が大きなテーマの一つ。
テレビ番組からヒントを得て、まずはダーツを投げてどこに行くかを決め、それからその場所のことを下調べをし、実際に出かけた先では写真を撮ったりメモを取ったり、カブスカウトならではの視点での記録をとり、そしてA4ファイルに報告書を作るという、一連の流れとなっています。

4月15日に上北沢に行くことが決まった2組は、組集会でお寺がたくさん集まっている寺町を発見。
ちょうどカブ隊を体験に来ていた新しい友達も一緒に、五月晴れの5月6日意気揚々と出発していきました。
自分たちで決めて調べて出かけていくので、
「今日はどこに行くのかな?そして何をするのかな?」
なんて、のんきな気持ちのスカウトは誰もいません。
それでも、寺町の中のりっぱな池にひしめくカメたちにびっくりし、大きなウシガエルがゲコゲコ鳴いている姿にもビックリ。
読んで知っていることと、実際にそこに行って感じることは全然違うのですね。

芦花公園まで回って戻ってきたスカウトたちは、ちょっとヘロヘロ。
隊長に聞くと11㎞以上は歩いたのだそう。すごいね!よくがんばってきたね。
「もう、ずっと歩いていて本当に疲れたよ!」
という口元は、ちょっと得意そうににっこりしていました。

さて、来週は楽しみな報告書作り。
どんなファイルが仕上がるか、みんなで楽しみに待っていますよ。

上から読んでも下から読んでも 

5月13日(日)13時から15時まで、カトリック成城教会で今年もボーイスカウトとガールスカウトの一日体験日「スカウトフェスタ」をおこないます。

ボーイスカウトもガールスカウトも、とってもよさそうな活動をしているみたい…となんとなく知っているけれど、本当のところはどうなのかな?どんな人がいて、どんな活動をして、それからどういうふうに子どもたちが成長していくのかな?と思っていらっしゃる方にはもってこいの一日です。

今年のテーマは「新聞紙」
ボーイスカウトもガールスカウトも、手元にあるもので楽しく過ごせるように工夫をするのが得意です。
新聞紙を使って、こんなにおもしろいことができちゃう!
しかもみんなで協力して、わくわくのゲームになっちゃう!
5歳以上のお子さんと一緒に遊ぼうと、ボーイスカウトもガールスカウトもとっても楽しみにしていますよ。

もちろんスカウトフェスタの前にも体験・見学ができますし、その前に保護者の方への説明も対応しています。
気になるな…と思われたら、どうぞお問い合わせを。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

今年もスカウトフェスタに 遊びに来てね!

いつもは4月下旬に開催しているスカウトフェスタ~ボーイスカウト・ガールスカウトの一日体験~ですが、今年の開催はゴールデンウイーク後の5月13日です。
5歳以上のお子さんなら男の子も女の子も、ぜひ遊びに来てくださいね。

「うえからよんでも したからよんでも しんぶんし」が今年のテーマ。
読み終わるとちょっとよれよれになって、最後にはゴミとなってしまう新聞紙ですが、ボーイスカウト・ガールスカウトの手にかかると立派なゲームのツールとしていきいき輝いちゃいます。
キャンプには絶対に欠かせない、スカウトの強い味方でもある新聞紙を使って、一緒に遊びましょう。

地域での社会体験は、自ら求めないとなかなか手に入れられない貴重なもの。
子ども時代に身につけた社会性は、大人になってからとても役に立ちます。
ボーイスカウトもガールスカウトも、一人ひとりがのびのび巣立つ素晴らしい活動です。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

 

愛宕山でのダーツの旅

春休みに入ると同時に、14団ではキャンプが始まります。

今日はカブ隊が愛宕山にむけて出発しました。
まだ眠そうにお母さんに手を引かれてやってくるスカウトも、朝から元気で中庭のブランコでまずはひと遊びするスカウトも、みんな先週のうちに準備しておいた大きな荷物を車に積んでもらいます。

通勤時間なので、リーダーたちはバスタまでの電車が一番心配。出発前には隊長から改めて、満員であること、ドアが開いて一度降りたとしてもまた乗り込むこと、まちがっても代々木上原で千代田線に流れていかないようにと話がありました。
引率するリーダーたちはもちろん気をつけますが、万一ご迷惑をかけてしまったらごめんなさい。

昨日スキー合宿から帰ってきたばかりのスカウトも、カブキャップを忘れてしまったスカウトも、寂しい気持ちを堪えてやってきたスカウトも、みんなみんな楽しく過ごしてきてね!
すっかりおなじみのダーツの旅も、知らない場所だからこそきっといつも以上にドキドキするね。
組のみんなと一緒にご飯を食べて、同じ部屋で過ごして、もっともっとなかよくなれるといいね。
たくさんのびっくり!おもしろい!チャレンジしたい!を感じて帰ってきてね。

新しい冒険の始まり

9月24日は14団の年度替わりの日。
各隊で最高学年のスカウトが一つ先の隊に上進する、けじめの式が行われます。

上進するスカウトたちは、すっかり小さくなってしまった制服から真新しい、ちょっと大きめの制服に身を包んでやってきます。
どの顔もやや緊張した、でも誇らしそうな表情を浮かべていて、教会中に元気がみなぎるよう。

すっかり頼りにしていた先輩を送り出し最高学年に進むスカウトたちも、うれしさの混じった、意気込みの感じられる表情でやってきます。「よし!今度は自分の番だ!」と顔に書いてあるみたい。
これまで新入りで一年目だったスカウトにも、いよいよ後輩ができるので、これまでのように気楽にはしていられませんね。
一人ひとりのスカウトが、新しい一年を迎える日。

これまでよりも、もっと楽しい時間を。
なんでも用意してもらって楽しんできた時代から、少しずつ「自分も楽しい。周りの人も楽しめるように」と考えられる人に。

今よりも、もっとかっこいい自分探しの冒険を。
一緒に過ごす仲間の顔ぶれが少し変わったということは、共に成長し刺激し合える仲間がまた増えたということ。
自分の周りの小さな世界から一歩踏み出して、自分の心も力も伸ばしていける人に。

カブ隊の「やくそく」、ボーイ隊の「ちかい」を聞きながら、「おきて」の言葉を改めてかみしめよう。

三連休は、もちろんキャンプ!

週末に迫った海の日の三連休は、村営山中湖キャンプ場でカブ隊くまキャンプがおこなわれます。
同じ日程でボーイ隊一級挑戦キャンプ、同時にグリーンバー訓練キャンプも予定されているので、くまスカウトにとっては憧れの先輩たちと一緒に過ごせるお楽しみつきです。

なんといっても、6月25日にボーイ隊体験を終えた後のくまスカウトは、すっかりボーイ隊のとりこです。
スカウトだけでカルボナーラスパゲティーを教会の中庭で作って食べるなんて、手厚く守られているカブ隊から見ると、大人っぽさ満点。
解散した後も大満足の笑顔で「楽しかった!」と話していたので、きっとこの三連休も中学生の先輩たちをたくさん観察して、いっぱい得るものがあることでしょう。

今年ボーイ隊4年目の中学3年生のうち班長次長が取り組むグリーンバー訓練には、部活で忙しくしている仲間が久しぶりに参加!
ビーバースカウト、カブスカウトの頃からなんとなく一緒にいるのが当たり前になっているメンバーなので、お互いの弱いところも強みも肌で分かっていて、「気が合う」とか「好き」といった感覚以上の安心感があるのかもしれませんね。

カブ隊・ボーイ隊合同のリーダーサイトには日帰り、一泊参加といろんな隊のリーダーが集まるようです。
スカウトの様子を横目で見るのももちろんだけど、今後のことを考えるミーティングも予定されています。
とはいっても、何より自然を満喫しながらキャンプサイトに身を置きたいキャンプ好きのリーダーたちの、ちょっとした憩いのひとときになるといいな。、

次のステップへ

毎回の活動を楽しんでいる時にはあまり気にならないのだけど…
節目の年には、ちょっと先の自分の未来を考えるチャンスが巡ってくるのもボーイスカウトの素敵なところです。

「小さいビーバースカウト」と言われることも手をつないで大きな輪を作ることにもちょっと抵抗を感じられる頃、カブ隊体験プログラムは小学校2年生のビッグビーバーにとってはびっくりの連続です。
久しぶりに会う先輩たちはすっかりカブスカウトになりきっていて、自分の知らない集合の仕方やリーダーや組長からの指示を聞いている姿はなんだかちょっと眩しい感じ。
帽子取りとかじゃんけんゲームなど、組対抗で競い合うゲームはとっても楽しいし、何より5年生のスカウトが前に立ってリーダーシップをとる様子にすっかり憧れてしまいます。
今年のビッグビーバーたちも、6月25日にカブ隊のアクティブな雰囲気にすっかりとりこになってしまったようです。

一方、カブ隊の最高学年くまスカウトは「もう、ホントやんちゃな後輩たちをまとめるのは大変だよ」という悩みも持ち始めています。
カブ隊に上進した時は全てが珍しく、楽しくわくわくしてきた活動のあれこれがどこか子どもっぽく感じられ、「もっと大人っぽいことがしてみたい」という気持ちもわいてくるころです。
7月2日のボーイ隊体験に参加してみると、自分が一番小さくて、見上げるような中学3年生のお兄さんが(しかも声変わりもしているし!)くだけた様子で近づいてきてぱっぱと指示を出していくことに軽いカルチャーショック。
去年まで一緒にカブ隊で仲よくしていた先輩たちは、そんなことは当たり前といったふうにてきぱき動くのを見てさらに圧倒される思いです。
教会の中庭で火をおこし、昼食を作って食べることがこんなに手間がかかって大変なこと、なにやら男っぽくてかっこいい雰囲気を目の当たりにして、自分もここでみんなと一緒に頑張ってみたい!という気持ちになったそうです。

ボーイ隊をまとめている班長クラスは中学3年生で、受験組もいれば一貫校で部活にまい進しているスカウトもいるので、それぞれの都合に合わせ、ベンチャー隊リーダーとの面談がこれからおこなわれるはずです。
これまで見つめてきた自分や周りのことをもう少し深く考えたり、持っている夢や生き方を具体化できるよう先輩やリーダーと話し合ったり、その足掛かりになるような活動を企画してみたりと、何かを始めれば必ず得られるものがある、ゆるやかだけど一番楽しいベンチャー隊の一員となるのも、すでに一人ひとりに合わせて行われていきます。
進んだ学校や選んだ道によって、それぞれに体験するものが大きく変わっていくこの年代では、お互いの体験を分かち合えるのが素晴らしいところ。人として、どう生きていくかを考得ていくきっかけを、いくらでも作ることができます。

小さなスカウトが少しずつ成長し、できること、知っていることが増えていく姿は本当に感動的です。
よい仲間に恵まれると同時に、自分自身もやくそくときまり、やくそくとさだめ、そしてちかいとおきてを胸に、周りにとってよい仲間でいられますように。
それぞれの家庭で、学校で、そして地域であたたかく育まれていけますように。

友情カード

6月18日は砧公園ファミリーパークに小学校3年生から5年生のカブスカウトが大集合!
年に一度のカブラリーでは「災害救助隊」になりきって、5つの「こんな時、どうする?」にチャレンジします。
お天気になるといいですね!

起きてほしくはないけれど、いつやってくるかわからない地震や火災、大雨などの災害。
そんな時、小学生はどうしたらいいのだろう?
助けてもらうだけの存在でいいのかな。せめて自分のことを自分でできて、ちょっとでも誰かの役に立てられるといいのだけど。
「災害にあってしまった時、小学生にできることを考えてみよう」が今年のカブラリーテーマです。

「災害救助隊」は、誰とでもすぐに仲間として活動するのが大原則。初めて会った人とも対策を相談し、考えをまとめて行動に移さなければなりません。
みんなで力を合わせると何倍も大きなパワーが生まれ、すごいことができちゃうのは、カブ隊でのいつもの活動と同じこと。
世田谷地区のカブラリーは、カブスカウトたちの「仲間作り」もとってもたいせつな目標なので、救助隊になりきりながら新しい友達とも知り合って、「誰かと一緒に過ごすと楽しいな!」を実感できる、素敵な時間になることまちがいなし。
もし、ボーイスカウトという選択はどうかな?と考えていらっしゃったら、ぜひお問い合わせくださいね。

さて、なんと200人近くもいる世田谷地区のカブスカウト達が友情の輪を広げるツールが「友情カード」です。
名刺サイズのメモを交換して手作りのフォルダに差し込んでいきます。
何年かたってボーイスカウト隊、ベンチャースカウト隊、あるいはリーダーになってから
「あれ!?あの時のカブラリーに行ってた?なつかしいなあ!」
などと見返して、話が弾むことを想像するだけで、ちょっとニヤニヤしてしまいますよね。

6月4日のカブ隊集会では、ハイキングの地図の見方を研究した後一人ひとりが自分の「友情カード」を作りました。
別室ではリーダーや保護者が集まって、せっせとカラフルな色画用紙に穴をあけ、カッターで穴と穴を結び、用紙を折り返し、マークを貼り付ける作業中。
スカウトが持っていく友情カードフォルダが次々できあがっていきます。
大人も、ちゃっかりおしゃべりしながらのちょっと楽しいひとときを過ごしました。

カブラリーの詳しいことはボーイスカウト世田谷地区ホームページ、Facebookをご覧くださいね。

 

復活祭

4月16日は復活祭でした。
一般には「イースター」でだいぶ浸透してきましたが、キリスト教の教会においては特別な日。
ボーイスカウトもガールスカウトそして教会学校の子ども達と合同でミサに与りました。
このミサの中では教会学校に通う女の子一人が洗礼を受けました。
普段見ることの無い洗礼の儀式、スカウト達はとっても興味深そうに見守っていました。
ミサが終わるとお御堂の出口のところでガールスカウトの手により、参列者ひとりひとり(大人も子どもも関係なく)にお菓子が配られました。
例年ですと卵(ゆで卵に飾り付けしたもの)を配っていたのですが、今年はお菓子になりました。
お菓子に代わっても準備は大変。前日の土曜日に何人ものリーダーや教会関係者が集まって袋詰めをして用意したそうです。
その中には団委員長もいたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミサの後は小学生以下のスカウト達お楽しみのエッグハンティング。場所は教会の近くの公園です。
ただ探すのではなく、ボーイスカウト、ガールスカウト、教会学校の子ども達総勢50人あまりをシャッフルして4チームを作り、チーム毎に全員が探し出す時間を競うチームワークを競うゲーム性ももたせてあります。
卵は予めボーイ隊が隠しに行きました。
探すのは一人2個づつ。1個は自分のため、そしてもう1個は親でも、兄弟でも、友達でもいいから日頃の感謝を込めてプレゼントするために探しました。
無事みんな2個づつ探すことが出来、笑顔がいっぱいでした。
エッグハンティングの前には復活祭がどういうものなのか、教会学校のリーダーが手作りの紙芝居でお話してくれました。
教会に集う子ども達がその所属する団体を超えて合同でする活動。何年も続けてきた成果が出始め、最近ではお互いに打ち解けるのが早くなっています。
神父様もこのことは非常に喜んでいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、カブ隊やビーバー隊がエッグハンティングを楽しんでいる頃、ボーイ隊、ベンチャー隊は春キャンプの後始末。
教会の庭中にテントや備品を広げ乾燥と片付けです。
とんでもない大雪に見舞われたキャンプ。テントのポールなどは見るも無惨なものです。
ボーイ隊長の話によると、大雪でテントがつぶれ寒さの中落ち込むスカウトもいれば、異常にテンションが上がり雪合戦をしだすスカウトもいたとか。
いづれにせよ、滅多に無いキャンプとなり、スカウト達はまたひとつ逞しくなったことと思います。
夕方前には全ての片付けが終わり、キャンプそのものは3日間ですが、全体では長い春キャンプがやっと終了しました。
お疲れ様でした。
あ、スカウトは報告書、書いたのかな。

 

 

 

 

 

 

 
(TT記)