新年度はドキドキがいっぱい

dscn2169dscn21469月25日は14団の新年度が始まった日。
大抵の団は4月始まり3月終わりの年度に切り替えているのですが、学年が変わる直前の春のキャンプで一つのヤマを越し夏休み中のキャンプで集大成というプログラムのたて方が一番スカウトにとってよいのでは…という考えから今のところ変更はしていません。

8月末は結団記念式典で国旗と隊旗をスカウトが手に聖堂に行進して入る儀式を終えたばかり。
旗手はその一年活動をしてきたスカウトの、大抵は最高学年から選ばれるのですが、9月末のこの日は「これから頑張るぞ」という新しく最高学年になったスカウトから選ばれることが多いのです。
一年の違いは大きくて、ビーバースカウト(小学校1年生)にはもう旗を持っているだけでも精いっぱい。
先輩たちに混じっては、うっかり弱音もはけないとみえて、とっても頑張る瞬間なのです。
もちろん、今年の上進式もパパやママがカメラを片手にはらはら見守る中、しっかり行進できましたよ。
こんな経験の一つ一つが、達成感や自信につながっていくのですね。

カブ隊の3年間でチャレンジブックを全部クリアしたくまスカウトが、上進式の前にスーパーカブとして表彰されました。
得意なことはどんどん進められても、ちょっと苦手だったり面倒なページはついつい後回しにしてしまったり、いやになってしまったり。
きらいだと思っていたことが、案外そうでもなかったなと感じられたり渋々でも逃げないでチャレンジしてみることでわかることがあったりと、その過程にとても大きな意味のあるブックですが、それでもやっぱりすべて済ませた努力にはみんなからの惜しみない拍手が送られます。
世田谷地区のコミッショナーから送られた、オリジナルチーフリングのシリアルナンバーは82と83。
これからもしっかり頑張ってね!との励ましをいただきました。

今年は小学校2年生のビーバースカウトが6人カブ隊へ。
5年生になったくまスカウト5人がボーイ隊へ。
4人の中学3年生がベンチャー隊へそれぞれ上進しました。
真新しい制服に身を包んでちょっぴり緊張しながら席についていたスカウトたちは、リーダーから名前を呼ばれると大きな声で返事をし、祭壇の前で隊旗を前にちかいの言葉、やくそくの言葉をいいます。
「ぼくはしっかり頑張っていきます」ということを自ら宣言することで、改めて新しい隊で周りの友だちと力を合わせ、自分の力を伸ばし、誰かのために役に立てる人になろうと心に刻みます。

先輩スカウトたちは新しい仲間に合わせてスカウトサインをし、静かに見守ります。
自分の時のことをちょっと思い出し、班長や組長として頑張ろう!と決意を新たにしているかもしれません。

リーダーたちもちょっぴり異動がありました。
昨年に続きビーバー隊からローバー隊まで5人とも14団で子どもの頃からスカウト活動を楽しんできた、いわばスカウトたちにとっての先輩が隊長として活動していくことになりました。
5人全員が隊長経験者で14団をこよなく愛し、スカウトにとっても自分たちにとっても居心地のよい居場所としての14団にしていこう!と早速隊長同士のミーティングも始まっています。

どの子どもたちも、若者も、みんな14団そして地域の宝ものです。
一人ひとりの人生がより力強く心豊かなものになっていくよう、ボーイスカウトの精神が身につく活動がまた新たにスタートしました。

やっと富士山がみえた!

JCSS4JCCS1JCCS2カトリックスカウトキャンポリー最終日は晴れ!
昨夜閉会式。
別れを惜しんだスカウトたちの願いがかなえられたかな?とってもきれいな晴れ間に富士山がくっきり。
あんまりうれしくなったガールスカウト東京58団の団委員長から、さっそく写メが送られてきました。
今朝はカブ隊とブラウニーが合同朝礼を行なったので、一緒にパチリ!

楽しかったこと、おもしろかったこと、ちょっと残念だったこと、どんなこともみんな一人ひとりの心の栄養。
一年ずつ大きくなっていくみんなは、いつの日か今度は「自分も楽しい。でも誰かを楽しませるのはもっと楽しい」と行動できる人になっているとうれしいな。
今回のキャンポリーも、目の前にいたリーダーだけではなく、裏方で本当にたくさんのリーダーやヤングリーダーたちが活動していました。
それに気がつける人になれますように。
いつも心に「ありがとう」と思うことができますように。

ボーイ隊は電車で移動中。
13時ごろ成城教会に到着予定との連絡が入りました!

カブ隊とガールスカウトは貸し切りバス。
台風による雨になる前におうちに到着できますように。気をつけて帰ってきてね。

お天気はイマイチでも

御殿場でのカトリックスカウトキャンポリーのFacebookをご覧になっていますか?
とにかく大規模なので、スタッフで参加しているリーダーたちは本当に大忙しで走り回っている様子。
それでもやっぱりスカウトたちの笑顔がたくさんですね。
「知らない人だから、口はきかない」じゃなく、「今日からは顔見知り。今度会ったら笑顔であいさつ!」が自然にできるうちとけた環境なんだな…と、しょっちゅうのぞいて楽しんでいます。

昨日14日の交流プログラムでは、各団が趣向を凝らしたブースを用意していました。
決まった数だけブースを回れると、ごほうびにアイスがもらえるそうでなんだかとってもうれしいプログラム。
14団ボーイ隊は大縄跳びを受け持って、手にマメを作りながらたくさんのスカウトに楽しんでもらったようです。
やるべきことをそっちのけでついつい遊ぶのに夢中になってしまうスカウトたちなので、ついにリーダーから喝が入り…昨夜の夕食作りはみんな気持ちよく楽しそうにてきぱきと動いてカレーができあがったとか。
その後の営火(インターナショナル、ガールスカウト、ユースの3か所)にも余裕を持って参加したことでしょうね。

カブ隊は昨日はハイキング。
くまキャンプでよく利用させていただいているお胎内清宏園まで出かけました。
今日は雨にたたられてしまい、それでもいつでも楽しく過ごせるみんなはクラフトと場内ウォークラリーを大いに楽しんでいるそうです。
豊かな自然の中で、友だちと過ごす時間にはたくさんの発見がいっぱい。
明日、元気で帰ってきてね。

カブ隊と東京58団出発!

attachment00 (6)attachment01 (1)本日の集合は6時。
カブスカウト10人は、ガールスカウト東京58団のみんなと一緒に6時半には貸し切りバスで成城教会を出発する予定。
デンリーダーたちも大きな荷物を抱えて集まってきます。

「うちの前で近所のリーダーと5時半に待ち合わせだったのに、起きたら5時半だったの!もうそれから大慌て」
「あ、ワッペンを縫いつけてくるのを忘れちゃった!」
「体調がすぐれないスカウトから欠席の連絡がありました!」
「ママ。私がスカウトなんだから、ママが荷物を運ぶのはおかしいの。私が持っていく。」
「今日は見送りだけですか?一緒に行きましょうよ~~、寂しいじゃない」
「おーい、大きな荷物の忘れ物はもうないか?」
などなど、カブ隊もガールスカウトも一緒になって集合からそれはそれはもう、にぎやかなこと。
それにしても、同じ教会で活動する二つの団体がこうやって仲よく過ごせるのは、あたりまえのようで他ではなかなか難しいらしい。お互いを尊重し、「ちょっとどうなの?」と思うようなことには目をつぶり、本筋を忘れないでいるから実現できているのかもしれない。
どんなに親しくても礼儀を忘れないで接すること、違う団体だからこそ力を合わせると喜びも大きいということを知らず知らずのうちに学べる場でもあるのですね。

「一人遅刻の連絡がきました!どうしよう、10分くらい遅れて到着するみたいだけど、バスに待ってもらいます?」
とっさの判断を要求されることが往々にしておこるもの。
こんな時、周りを見て冷静に判断をするのにはやはり何度もこういった経験をしている(聞いている)ことが生きてくる。
「ぎりぎりまで待ちましょう。もしもの場合は伴走車に乗り、パーキングで合流。」
今日お誕生日の、カブ隊長の決断。

渋滞にも拘わらず時間通りに大型バスが到着すると、リーダーの指示ですぐに大きな荷物を運び始める。
個装は自分の手に持って・・・などと指令が出ているカブ隊と、とっくにバスの右側に整然とおさまっているガールスカウトたち。
「早くトイレに行って来い」などと言われながら、まだぼんやりしている男の子との違いがこんなところでも明らかなのがおもしろいな。
パパの猛スピード運転のおかげで遅刻も目立つことなく、無事みんなを乗せたバスは、6時38分に無事出発しました。
今日は激しい渋滞が予想されるため、できるだけ下の道を通っていくとのこと。お昼前に到着できますように。

御殿場のキャンポリー会場にはすでにたくさんのスカウトたちが集まり、昨夜は開会式もにぎやかに行なわれたもよう。
カブ隊もガールスカウトも、たくさんの「びっくり!」「楽しい!」を味わって来てね。

 

入隊式 

7月3日、嬉しいことに3名の入隊がありました。

ビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊それぞれに1名づつ。

3隊そろって年度の途中で入隊者があるのは珍しいです。

みんなスカウトフェスタから見学を重ねここ、14団を選んでくれました。

既にスカウト達とは打ち解けて来ています。

子供はなれるのが早い。

充実したスカウト生活を送って欲しいです。

ミサの後入隊式をしました。

又、その後の朝礼ではベンチャー隊に発隊50年の記念綬の授与と3名のリーダーへの特別年功章の授与もありました。

(T.T)

IMG_7257 IMG_7259 IMG_7263 IMG_7267

たくさんの体験と感動とを

14団では、9月最後の日曜日が年度替わりの日。
ビッグビーバーたちはカブ隊に、くまスカウトはボーイ隊に、班長次長たち4年目スカウトはベンチャー隊にそれぞれ上進するので、この時期は「今の隊での仕上げ」や「上進先を体験」といった活動が行なわれています。

7月10日9時。
カトリック成城教会には続々とビーバースカウトたちが到着。
すぐに荷物を置いて遊具で遊んだり、友だちやリーダーとおしゃべりしたり。お母さんの自転車の後ろでちょっと眠そうな顔だったスカウトも、リーダーや友達の顔を見るとにっこり笑っておりてきます。
4月のスカウトフェスタに遊びに来てくれた年長さんたちも混じって、岡本民家園までハイキングに出かけていきました。
たぶん歩く道すがらも、揺れる草のにおいや陽ざしの強さ、日陰の涼しさや川の流れる音をたくさん発見してきたんだろうな。
もちろん、一緒にいる友達と楽しい気持ちで過ごせるにはどうしたらいいのかな?も、ちゃんと味わってね。

この日は7時半にくまスカウトたちが集合。
いつもの仲間から離れ、先輩たちと一緒にボーイ隊を体験するのです。
小学校5年生にとってみれば、中学3年生の4年目はまるで大人。かなりドキドキしながらついていっているだろうな。
カブ隊ではお山の大将であるようにリーダーがたくさん手伝ってくれていることにも、今更だけど気がついただろうな。
自分が一番下という環境と大人びた雰囲気には大いに圧倒されたと思う。

ボーイ隊スカウトは、「カブ隊で一緒にいた時も小さいと思っていたけれど、相変わらずだな」などと余裕を感じつつ、かっこ悪い姿は見せられない…と、いつもより頑張ったかもしれないね。
調布にある山に出かけ一緒に冷たいソウメンを作って食べたそうだから、手際よく働けるように本気を出したとしたら大成功。
年齢差のある仲間がいるって、本当に素晴らしい。

来週の連休は、くまスカウトだけのキャンプに出かける予定です。
ボーイ隊の班にスムーズに溶け込めるよう、よい訓練の場となるといいな。
隣のサイトでは、一級章を取得するためのキャンプにボーイ隊3年目の2人がチャレンジする予定。
何もないところに寝るところを作り、食事をとり、火を囲みながら静かにリーダーと語り合う。
木々のざわめきや夜の暗さと静今朝の中で、これまで培ってきた技と知恵を思い、これからの人生をも思い描くひとときになるんだろうな。

選ぶのも行動するのも自分次第。
どのスカウトたちも、青少年のうちに、たくさんの体験と感動を味わう道を選んでいってくれるといいな。
困ったことにも出会えるといいな。
こんな時、どうしたらいいんだろう…と考える力は想像力を育て、それは周りの人とうまく過ごせる力や困難にも向き合っていける力を育てるから。
失敗なんて何もなくて、どんなことも無駄にはならない。
心の糧になっていくんだよ。それがわかるのは…もうちょっと先のお楽しみ。

し、島流し~?

DSCN195914団のスカウトは、成城教会の中庭にあるブランコが大のお気に入り。
集会の前や解散後には大抵誰かが乗って遊んでいます。
ビーバースカウトやカブスカウトはもちろん、時には中学生や高校生になったスカウトまで座り話し込んでいることも。

この日は春舎営に出発する日。
リーダーからの「集合!」の声がかかるまで、やっぱりブランコに集まっておしゃべりに夢中。
カメラを向けると五郎丸選手のポーズをしてくれたり、舎営でなにをする計画なのかをうれしそうに話してくれました。
なにやら野外で食事を作ったり、飛行機を見に行ったり、男の子の心をくすぐる企画がいっぱい詰まった2泊3日になるようです。

 

DSCN1963「集合!」
楽しそうに笑っていたくまスカウトの顔がピッと引き締まり、リーダーを囲んで大きな輪をつくって集合。
「今日からキミたちは春舎営に行きます。なんと、島流しの刑です。」
「え~!うっそー!」
「島~?聞いてない~」
わくわくしてつい口をはさんでしまうスカウト達をぐるっと見回して、隊長が
「ほらね、隊長のお話し中にそうやって勝手なおしゃべりが始まっちゃうんだもの、仕方ないよ。」
「でもね、お金がかかっちゃうから船には乗れなくて電車で行くんだけどね!」
とお茶目に笑うと、みんなもちょっと安心の笑顔。
静かにしろよ!なんて怒鳴らなくても、こうやってちゃーんとスカウトの心をつかんでしまう隊長、さすがです!
でもね、彼がカブスカウト時代は…本当に手の焼けるやんちゃな暴れん坊だった。本当に、信じられないけど!

DSCN1965一度解散し、出発の準備をしながら隊長のそばに行って、さっきから気になっていた質問を。
「ねえねえ、隊長。トックンはどうしたの?コウちゃんは?」
「うん、トックンは残念だけどお休み。コウちゃんは夕方には来るよ。」
優しいね。
仲間のことがとっても気になるよね。
月に2~3回集まって、カブスカウト時代はとにかく元気に遊ぶ。たくさん遊ぶときに、やっぱり仲間がいた方が断然楽しいもの。公園で走り回ったりハイキングに出かけたりも、クラフトも自分たちの作品を発表し合ったりも、一緒にいると発見も倍になる。

さあ、出発!
どんな島流しにあってくるのか、話は帰ってきてからのお楽しみ。

スカウトフェスタにあそびにおいでよ(4/29)

scoutfesta2016

体験プログラム「スカウトファスタ」

ボーイスカウト・ガールスカウトといっしょにあそびませんか。
今回のテーマは ~火はともだち~

火の神様と女神様のたいせつにしているファイヤーの種が、どこかに閉じ込められてしまった! 火のない世界は、真っ暗で寒い。 困っているみんなを助けようと、成城教会のボーイスカウトとガールスカウトが力を合わせ、3つのカギを集める冒険に出発することになった!

日時: 2016年4月29日(祝・金)
10:00~14:00 (9:45受付開始)
場所: カトリック成城教会の中庭
成城学園前駅南口から徒歩2分 地図
内容: 9:45 受付
10:00 始まりのセレモニー
火の神様と女神様からのお話を聞いて、冒険の旅に出発!
3つのカギを集めよう。
11:30  お昼ごはん
12:00 スカウトゲーム
小学生のスカウトのいつものゲームで遊ぼう。
13:00 火を称えるキャンプファイヤー
子どもの頃からスカウト活動をしてきた
先輩たちがリードします!
14:00 おしまいのお話

★動きやすい服装で、おにぎりと飲み物を持ってきてね!
★お申込みは、お問い合わせフォームか、 直接メール info@bs-setagaya14.org へお送り頂いてもかまいません。 お気軽にお問い合わせください。

教会にテント出現!

IMG_834014団の新年度が始まってすぐの10月10日。
カーンカーンカーン…となにやら山の中で聞こえてきそうな音とともに、成城教会中庭にテントが立ちあがりました。
小学校4年生のカブスカウト達が「一番楽しい活動だった!」と口をそろえて言う、初めてのテント泊キャンプの始まりです。
もちろんアウトドアの大好きな家庭の子どもたちは初めてではないけれど、それでも親元を離れボーイスカウトのなかまと「テントで寝る」なんて、緊張とわくわくとドキドキが入り混じって過ごす2日間は、普段の活動以上に「びっくり!」や「おもしろい!」がたくさん詰まっているはず。
本格的なキャンプは来年所属するボーイ隊からなので、カブ隊では「体験する」ことが大きな目的です。

さてさて、テントが立ったところでキッチンをのぞくと、さっそく食事作りの真っ最中。
12164392_1932067537017785_1520685428_o「うわあ、ぬるぬるだ!」
「ちょっと待って、今切ってるんだから」
「ぼくは人参を切っておくよ」
目の前の食材と格闘しながら、みんなで作っているのはホワイトシチュー。
料理自慢のリーダーがちゃんと見守っているので、味は保証付きです。みんなで食べればそのお味はもちろん格別ですよね。包丁も火も、危ないからさわらないのではなく、どうやったら安全に使えるかを経験から学んでいきます。

 

IMG_8345とっぷりと日が暮れるころには自然に火の周りに集まり、キャンプファイヤー。
普段以上に仲間がたいせつに思える、不思議な時間。火を見ながらのひとときは忘れられない思い出です。

ボーイスカウトはキャンプというイメージも強いのですが、それは野外で生活するうえで避けられない「何でも自分で動かないと前に進まない」という体験が、ボーイスカウトのめざす「誠実で、友情にあつく、親切でしかも勇敢、感謝の心を忘れない人」に近づくのに最も有効だと言われているから。
決してアウトドア集団を生み出すところではないけれど、それでもテントを立てることや火を扱うこと、食事の用意をするといった技術的な力も磨かれていくことになります。
今4年生スカウトたちは、その入り口に立ったばかりです。

どんなことでも「知っている」「やったことがある」って強いこと。
家庭で学校で、そしてボーイスカウトで。たくさんの経験といろいろな気持ちを味わう機会をたいせつにしたいですね。IMG_8353

ボーイスカウト説明会を開催します

ボーイスカウト世田谷14団では、11月29日(日) 13:30よりボーイスカウト説明会を行います。

キャンプやハイキング、募金のような奉仕活動のほかにどんなことをしているのか、スカウトはどんな風に過ごしているのかを映像を交えてご紹介します。ボーイスカウトのことをお知りになりたい方にぴったりの説明会です。

お気軽にご参加くださいね。

また、随時体験参加も可能です。活動日に合わせて日程をご案内しますので、ご連絡をお待ちしております。

日時: 11月29日(日) 13:30~15:00
場所: カトリック成城教会 信徒会館2階 (アクセス)
内容: 14団スライドショー、ボーイスカウトのお話し、入団ご希望者向け相談タイム 他

問い合わせ先: info@bs-setagaya14.org  または フォーム

image3